主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

古民家リフォームセミナー

2018.10.27

DSC_5877_R.jpg
輪和建設の阿部です。
本日は古民家セミナーを開催いたしました。実際に古民家に住まわれている方も参加いただきました。
ありがとうございました。
今回のセミナーでは、古民家をリフォームするポイントや事例について紹介いたしました。
資料を作りながら感じたのは、昭和時代に新建材でかためた部分を再リフォームする物件が多いことです。
昔ながらのものを大切にするようになった、また、本物が好まれるようになった、ということでしょうか。
新しく古民家に移住される方も増えています。良いものが引き継がれることは素晴らしいことです。

いろんな構造を

2018.10.20

中西春代です。

秋が深まってきましたね。

現場は着々工事が進んでいますが

リフォーム工事の構造は

伝統工法・木造軸組み工法・ツーバイフォー・軽量鉄骨

と様々です。

共通しているのは、構造を強く、仕上げは奈良の木と自然素材です。

軽量鉄骨のお家は11月完成見学会

ツーバイフォーのお家は12月完成見学会

見どころ満載ですよ。

ご見学くださいませ!

DSC_0674.JPG

写真はいきなり話が飛んで

従妹が行列に並んで買ってくれた大淀町のラ・ペッシュのモンブランです。

当たり前ですが栗です。

栗そのもの。

素材がよければあれこれいらない!と語ってくれるおいしさです。

家造りにも通じます。

ありがとう!ちえちゃん!

おいしかったよ~

古民家セミナー

2018.10.19

輪和建設の福井です

最近古民家の耐震に関する問い合わせが増たように感じます。

今年は大きな地震や台風が立て続けに起こったことも影響しているかもしれません。

築年数が古いと、構造(木)がもろくなってくるというイメージがあるのでしょうか・・・

たとえば湿気や白アリにやられたり・・・傷んでしまっている場合は心配ですね。

しかし、状態が保たれているお家は大きな地震にも耐えることができたりします。

古民家は現代のお家とは違う考え方をしなければいけません。

古民家にお住まいの方、代々引き継がれる方、これから住みたいと思っておられる方、

カフェなど店舗として利用したい方に古民家のことをもっと知っていただくためのセミナーを開催いたします。

お気軽にご参加ください!

詳細はイベントページをご覧ください

 

 

外構工事

2018.10.17

輪和建設の西川です

二名町で外構工事が始まっています。

やっと大方整地ができた段階ですが

いままで雑草で見えていなかったり、埋まっていてわからなかった庭石などいろいろ出てきました。

庭石や植栽も再利用して配置替えをします。

まだまだ仕上げ工事には程遠いですが、仕上がりが楽しみです。

DSC_0018.JPG

興福寺中金堂の再建

2018.10.16

IMG_6390.JPG
興福寺中金堂が、このたび300年ぶりに再建されて話題になっています。
20日から一般公開されるとのことで、まだ柵の中に入ることはできませんが、その建物の迫力は柵の外からでも実感できます。
天平期に建てられた建物を再現しているそうですが、天平期の立図面など残っていないでしょうし、工法や技術も途絶えてしまっているでしょうし、耐震やバリアフリーなどについて現行法をクリアするのも大変だったでしょう。また、国内では木材の調達が難しく、カメルーン産のケヤキを採用するなど再建にはとてつもない苦労があったかと思います。多くの人々の苦労を経て後世に残された建物の迫力。一般公開されたら、ぜひとも拝観したいと思います。今月末からは正倉院展も始まるので、奈良公園付近は多くの人々が訪れ、賑わいそうです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ