主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

立春

2017.02.06

輪和建設の福井です

先週末は節分でした。

おばあちゃんのお家で巻きずしを作って、豆まき。

おじいちゃんの鬼(分かっているのに)に大号泣のおちびでした・・・

P_20170203_181515.jpg

そしてちょうどいいお天気の土曜日ということで、今年は早々とお雛様も飾りました。

お内裏様だけなので、テレビ台の上が定位置です。

液晶テレビになっても奥行きのあるテレビ台が手放せない理由です・・・

 

立春は専務、7日は阿部さんのお誕生日です

おめでとうございます♪

 

 

ZEH

2017.02.04

輪和建設の西川です。

ZEH住宅の際、オール電化がいいのかガス導入が良いのか今検討しているところです。

ZEH住宅では、太陽光発電や高性能設備(エアコン、照明、給湯器など)、高断熱(サッシ、断熱材)を用いて

エネルギー消費をプラスマイナスゼロにしようという政策です。

なので、初期費用がかなりかかります。

決った財源の中で、高い設備投資をした方(ZEHポイントが高い方)へ優先的に補助金付与があるので、必ずもらえるものでもありません。

初期費用の兼ね合いもあるので、申請者のほとんどは、ZEH基準ぎりぎり達成程度だそうです。

その中で勝ち抜くには、これだけのポイント数が必要という数値もありますが、それは今後の課題です。

また、冒頭でのオール電化もしくはガスかというのは、ランニングコストの比較でもあります。

エネファームという給湯器はとても高いのですが、ガスで熱と電気を作ります。

なので、営業マンが言うには、ガスの使用量は増えるが、ガスの使用料はお得プランになり安くなる、

電気については太陽光を乗せる場合、エネファームでも電気を作っているので買う量より売る量のほうが多くなる、とのこと。

初期費用とランニングコストを同時に見たときに本当に良いのはどちらなのでしょうか。

しっかり検討していきます。

店舗リフォーム、完成しました

2017.02.02

IMG_20170201_100338.jpg IMG_20170201_100342.jpg
輪和建設の阿部です。宇陀の店舗リフォームが完成しました。
商品がまだありませんので、今はイメージがしづらい状態なのですが、シンプルな雰囲気の中に、再利用した建具(ひとつはガラス戸に、ひとつは網戸にして再生)が活きています。建具上のFIXガラスも再利用のものです。光をたくさん取り入れ、明るい空間になりました。
棚は商品に合わせていろいろな高さを設定できるように、可動式のものとしました。必要に応じて、棚を気軽に増やすこともできるかと思います。服も展示できるように、木製のバーもつけています。これも可動式です。
今は殺風景なのですが、商品が陳列されると、もっとにぎやかになるのでしょうね。お店のオープンがたのしみです!

2月になりました。

2017.02.01

IMG_20170201_175229.jpg

中西春代です。

あっという間に2月になりました。

今月の水野榮さんのカレンダー『山の水 里の水』は奈良県十津川村の清流です。

最近の私は、水野さんの写真を見て意識がどこかへ行っているときがあります。

昔、私の事を、あなたは夢見る夢子ちゃんね、と言われた方の言葉がよみがえります。

そんな自分に、しっかりして!と言い聞かせて生きてきたように思います。

水野さんの写真は私を夢子に戻してくれます。

さて、2月もいろんな方々と一緒に楽しい計画がありワクワクなのです。

現場では上棟、リフォーム工事着工と忙しくなりますがお客様に喜んでいただける姿を夢見てワクワクです。

手間暇の値段

2017.01.31

輪和建設の福井です

気づけば今日で早くも1月が終わってしまいます(+o+)

今朝出勤したら、吉野の岡農園さんのつるし柿のおすそわけが・・・

P_20170131_135042.jpgのサムネイル画像

大きさはPCのマウスとそんなに変わりません。

(ビニールに入ったままなのでちょっと見にくいですが)

岡さんはもちろん柿のプロなので、比べるのも失礼なのですが、

同じ柿を使っているはずなのに、会社で作ったものとは柿のぽってり感が全然違います。

ヘタの部分もとってもスッキリきれい。

葉をもっと落とさなければいけないみたいです。

 

皮をむいて干してから、この仕上がりになるまでの手間

土づくりから木を育てて、自然を見ながら管理して、実を付けるまでの手間

食べる人のところに届くまでには、想像もつかないほど、たくさんの人の手がかかっているんだろうなと思います。

その手間暇のことを考えたら、モノの値段の価値が違ってくると思います。

そしてどんな条件下であろうと、一定の水準を保つことも、プロだと思います。

今年は物事の背景にある、それに関わる人たちの手間や思いなどなど、そんなものに気づけたらな~と思っています・・・

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ