主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

お住まい拝見

2019.03.19

輪和建設の福井です

先日、リフォームさせていただいたお宅にお邪魔させていただきました。

古民家に残されていた建具を気に入られて、取り入れられたお家です。

新しい吉野杉・桧や土佐和紙などと、経年変化した色合いの建具がどのように溶け込むのかと思っていましたが、

今回の訪問時には家財道具も入って、なるほどと納得しました。

工事写真では何もない空間ですが、家具が入ると表情が出ますね。

"もったいない精神で"とよくおっしゃられるお施主様ですが、ちょっとした小物などを工夫しておられるところもとても素晴らしかったです。

お邪魔させていただき、ありがとうございました!

2018-10-27-08-32-51.jpg

IMG_1664.JPG

各部屋の温度差

2019.03.18

DSC_8966.JPG

中西春代です。

先日、リフォーム工事現場の木工事完了検査に行ってきました。

断熱サッシが取り付けられて

後は左官工事・クロス工事・美装工事・サッシの調節・建具工事等で終了です。

こちらは、離れですので終了すると母屋の工事が始まります。

どちらも断熱サッシに入れ替えていきますので

各部屋の温度差が軽減され温かく暮らしていただけます。

これは人の健康と寿命にも関わることですので

サッシ工事が終わるとホッとし嬉しくなります。

健康で生き生きと暮らしていただきたい。

家づくりの基本です。

子どもたちに設計体験

2019.03.16

DSC_1071.JPG
輪和建設の阿部です。
大和高田でおこなわれたジョブスタジアムNARAに出展してきました。
子どもたちのお仕事体験をしてもらうイベントです。

輪和建設では、子どもたちに自分の理想の家の間取りをつくる設計体験をしてもらいました。
「ここが道路だから、玄関はこのへんがよいかな」「お風呂はこのくらいの大きさだよ」
と話をしながら、部屋を区切ったり足したりしてつくっていきました。
試行錯誤の末、自分の家に行きつく子どもや、おばあちゃんの家のような間取りになる子どももいました。

家を空からみる平面図をみんな理解して、上手に描くことができました。
「将来は建築士になりたい」と思ってくれたら幸いです。

吹き抜けになる

2019.03.15

DSC_0905.JPG

中西春代です。

我家のリフォーム工事がゆっくりと進んでいます。

他のお客様優先ですのでゆっくりです。

写真は元和室の天井を撤去したところです。

この上の二階の床をとって吹き抜けにします。

もちろん構造材や金物は見えてくるのですが

それをどのように仕上げるかイメージだけはできました。

が、

工事をするのは大工さん!

強く!

美しく!

仕上げてくれるでしょう!

カウンターの切り出し

2019.03.09

輪和建設の西川です。

トイレのカウンターと洗面所のカウンターの切り出し位置を出しました。

トイレのカウンターは曲線ということで、社長と糸をはり、微調整をしながらなだらかな曲線で線を引きました。

図面上で描いていても、杢目などをみると、あーしたほうがいいな、こーかなと変わります。

学生の頃から曲線の図面が好きで曲線をよく描いていましたが、

きれいな感覚的な曲線がひけるとテンションがあがります(笑)

杢目にも合うなめらかな曲線になったと思います。

0146914eddd901577946a3cd3d885db95f16388f7d.jpg

そして、この曲線を大工さんが丸鋸で一発で切ってくれました。さすがです!

丸鋸は円盤の刃が回転するので、直線を切るのはいいですが、曲線も一発で切るとは、、、゚ o゚ !

この曲線の欅のカウンターは拭き漆を施されるそうで、深みのある茶色になるのでしょうね。たのしみです。

洗面所のカウンターは節の位置など気にしながら、直角に切り出ししました。

016ef3869bd3259c532ca20cf60d15d1cc96fe0a3e.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ