主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

洗面台について

2017.02.09

IMG_3956.JPG
輪和建設の阿部です。
洗面台の造作について、ただいま思案中です。
当社モデルハウスにある造作の側面収納は、洗面所に置く小物類をスマートに収納できるので、人気です。

洗面台を造作で考えるとき、洗面台の置き方(埋め込み、半埋め込み、置き型)、シンク下の収納や扉のスタイル、鏡の大きさや形、照明、ドライヤーのコンセントの位置、水洗をどうするか、、、などなど考えることがたくさんあります。
子育て世代のお客様の洗面台は、朝忙しい時間帯に2人同時に作業できるような広いスペースがあると便利です。また、洗面所でお化粧をされる方は、お化粧道具を収納できる場所や、照明への工夫もあると良いと思います。高齢の方の場合は、座って作業をすることを想定して、思い切ってシンク下の収納をなくしてしまうことも考えられます。

それぞれのご家庭の洗面所の使い方やお客様の好み、身長を考え、オリジナルな一品ものを提案したいと思います。

梅の花

2017.02.07

中西春代です。

立春の日に58才になりました。

春のようなお天気でしたので58才記念登山と題して近所の松尾山に登りました。

思っていたより軽快に登ることができ、午後からはお客様との打ち合わせでまたまた元気をいただきました。

IMG_20170206_184652.jpg

そして昨日は、お客様からお誕生日のお祝いにと梅のお花をいただき、

IMG_20170206_144349.jpg

一緒にあすかルビーいっぱいのイチゴパフェも食べました。

友人からはお祝いの電話やラインやらでにぎやかな誕生日でした。

年々自分が自由になっているような気がします。

自分を縛りつけていた自分をゆるめているような感じです。

自分の人生がますます開けていくようで楽しいのです。

この感覚は、よきお客様、よきスタッフ、よき家族、よき友人に恵まれたおかげだと思います。

昨夜もゲラゲラ笑いながら友人と夢を語り合いました。

なんとも軽い58才ですがどうぞよろしくです。

立春

2017.02.06

輪和建設の福井です

先週末は節分でした。

おばあちゃんのお家で巻きずしを作って、豆まき。

おじいちゃんの鬼(分かっているのに)に大号泣のおちびでした・・・

P_20170203_181515.jpg

そしてちょうどいいお天気の土曜日ということで、今年は早々とお雛様も飾りました。

お内裏様だけなので、テレビ台の上が定位置です。

液晶テレビになっても奥行きのあるテレビ台が手放せない理由です・・・

 

立春は専務、7日は阿部さんのお誕生日です

おめでとうございます♪

 

 

ZEH

2017.02.04

輪和建設の西川です。

ZEH住宅の際、オール電化がいいのかガス導入が良いのか今検討しているところです。

ZEH住宅では、太陽光発電や高性能設備(エアコン、照明、給湯器など)、高断熱(サッシ、断熱材)を用いて

エネルギー消費をプラスマイナスゼロにしようという政策です。

なので、初期費用がかなりかかります。

決った財源の中で、高い設備投資をした方(ZEHポイントが高い方)へ優先的に補助金付与があるので、必ずもらえるものでもありません。

初期費用の兼ね合いもあるので、申請者のほとんどは、ZEH基準ぎりぎり達成程度だそうです。

その中で勝ち抜くには、これだけのポイント数が必要という数値もありますが、それは今後の課題です。

また、冒頭でのオール電化もしくはガスかというのは、ランニングコストの比較でもあります。

エネファームという給湯器はとても高いのですが、ガスで熱と電気を作ります。

なので、営業マンが言うには、ガスの使用量は増えるが、ガスの使用料はお得プランになり安くなる、

電気については太陽光を乗せる場合、エネファームでも電気を作っているので買う量より売る量のほうが多くなる、とのこと。

初期費用とランニングコストを同時に見たときに本当に良いのはどちらなのでしょうか。

しっかり検討していきます。

店舗リフォーム、完成しました

2017.02.02

IMG_20170201_100338.jpg IMG_20170201_100342.jpg
輪和建設の阿部です。宇陀の店舗リフォームが完成しました。
商品がまだありませんので、今はイメージがしづらい状態なのですが、シンプルな雰囲気の中に、再利用した建具(ひとつはガラス戸に、ひとつは網戸にして再生)が活きています。建具上のFIXガラスも再利用のものです。光をたくさん取り入れ、明るい空間になりました。
棚は商品に合わせていろいろな高さを設定できるように、可動式のものとしました。必要に応じて、棚を気軽に増やすこともできるかと思います。服も展示できるように、木製のバーもつけています。これも可動式です。
今は殺風景なのですが、商品が陳列されると、もっとにぎやかになるのでしょうね。お店のオープンがたのしみです!

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ