主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

釘隠し Ⅱ

2017.03.04

IMG_20170301_104132.jpg

中西春代です。

昨日はリフォーム現場で打合せでした。

ほとんど設計の西川さんが提案してくれるので私は横にいるだけですが

お客様が悩んで決められたことがどんどん形になっていく過程を楽しんでいます。

今回の打ち合わせで釘隠しを決めていただいたのですが

先日、私がお抹茶をいただいた和室に釘隠しがあり

思わず写真に収めた釘隠しと同じものを選ばれて驚きました。

必要なものには出会うのですね。

2017.03.03

輪和建設の西川です。

お客様から、既存の照明の房を新調してほしいとのことで、房についてあれこれ調べてみました。

とても奥が深いです。

CIMG6738.JPG

遠目でみると同じですが、細部の違いでとても種類が多く、

芯を使うものでも木芯、紙芯があり

さらに、芯を使うものでも、撚り房と切り房とに分かれるそうです。

写真の房は撚り房です。

撚り房は、糸先がループ状に折り返して撚っていますので、耐久性が高いそうです。

また、撚り房の房頭の芯には金の紙を貼り、上から糸でかがり編みをして、糸の隙間から金色が見えるつくりになっています。

さらに、この芯の形で、筥迫房と念珠房に分かれるそうで、

筥迫房は木芯にくぼみがあり、糸の広がりがあるもので、

念珠房は糸は広がらず、すっとしたプロポーションです。数珠によく使われている形状です。

写真は、撚り房の中でも筥迫房というものかと。

昔は房職人、房師と呼ばれる専門の職人さんが一つ一つ編んでいたそうですが、今ではほとんど海外製だそうです。

お隣、京都では、職人さんもおり、房作り体験が出来るそうで、近々編みに行ってみたいなと思いました。

今度は欄間を再利用!

2017.03.02

IMG_3987.JPG

再利用&再活用に燃えている阿部です。
よいモノや思い出のモノは、どんどん新しいお家に取り入れてほしいのですが、
今回は、欄間の再利用。素朴で素敵な欄間が保管されておりました。何かに使いたい!とお客様のご要望です。
建具に入れようか、あかりとりにしようか。。。楽しく考え中です。

棟たたき

2017.02.27

輪和建設の福井です

昨日は暖かかったので九条公園へ行くと、みんな考えることは同じで、賑わっていました。

 

IMG_2682.JPG

先日上棟されたお家です。

いい写真を見つけてしまいました。

 

お子様も一緒に棟たたきをされたようです。 

お施主様にとってももちろんいい記念ですが、お子様にとっても友達に自慢できる、一生の思い出になりますね☆

 

ご上棟、おめでとうございます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.02.26

P1260047.JPG

中西春代です。

リフォームの現場が形になってきました。

基礎、構造を強固にし

湿気対策、耐震性能向上の工事が終わり

ただ今、内装を造っています。

良い材料をいっぱい使っているお家ですのでその材を生かします。

玄関の天井は雨漏りがあり杉の板にシミができていました。

そこで張り替えることになったのですが

アクセントになる竹は残したままです。

大工さんの技術で貴重な竹が生かされます。

玄関収納の扉にも新たなデザインで竹が使われます。

趣のある玄関の完成が楽しみです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ