主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

『伝統工芸を楽しむ家』

2019.11.01

輪和建設の福井です。

長い長い工事期間を終え、社長宅のフルリフォームが完成いたしました!

明日から3日間見学会を開催させていただきます。

リフォームの場合は現場調査に行った際にたくさん写真を撮ってくるんですが、

誰よりもよく知っている家だからか、着工前の写真があまりありません。

間取りの変更や耐震補強など施しましたが、社長宅ということで、断熱方法など

今までにあまりしたことのない施工方法も試しているそうです。

そして徒歩5分圏内に新築中の現場も同時にご覧いただけますので、ぜひご来場ください!

詳細場所はお電話0743-53-3355またはメールinfo@rinwa.jpでお問い合わせください。

01bc7a7c25b8491678eff0b1e980072f060d5a4be6.jpg

※写真は新築中のお家の模型です。

タイルづかい

2019.10.31

IMG_2730.JPG IMG_2748.JPG

輪和建設の阿部です。
塚口町の家では、1階と2階それぞれの洗面台にタイルを採用しました。
1階はグリーンを基調としたモザイクタイルです。天然石とガラスとタイルが配されているもので、派手になりすぎず、上品に仕上がりました。
2階はほんのりピンクがかった色味のタイルです。表面がデコボコしていて、暖かい雰囲気になりました。
お客様の雰囲気とご要望に合わせて、洗面台をオーダーメードしています。水はねが気になる洗面所まわりのタイルの採用は、見た目のアクセントだけではなく、実用的でもあります。

地鎮祭

2019.10.30

輪和建設の西川です。

DSC_9563.JPGDSC_9564.JPG

先日大和高田の家の地鎮祭を行いました。

地鎮祭の最中は土砂降りの雨でしたが、水の神様から、地盤を良くしようと、水が与えられたのかもしれません。

解体直後の土地だったのもあるかもしれませんね。

雨降って地固まる です!

これから、健やかな住まいになるようお祈りしました。

大和高田の家は、手刻みの工期日数が倍以上かかります。

なぜなら、伝統工法の新築だからです。

柱と柱の間に貫という横材を通します。

継ぎ手部分も複雑な継ぎ手を用います。

梁だけでなく、差し鴨居という梁の下にさらに梁のような材を入れます。

手間は大変かかり、工期もかなり伸びますが、大工の腕が存分に発揮される仕事です。

木組みが組みあがるのが、待ち遠しいです!

自宅リフォームを終えて

2019.10.21

中西春代です。

DSC_1038.JPG

ほぼ10か月に及ぶ自宅リフォームがほぼ完成しました。

外構はまだですが住める状態になったので引っ越しました。

工事や引越しに関わってくださった方々が怪我や病気もなく無事に自宅に帰ることができ深く感謝いたします。

寒さ、暑さきびしい中を本当によくしていただきました。

図面通りに仕上げて当たり前ですが、リフォームは想像以上に手間がかかります。

壁を張って隠れてしまう構造をより強く作るためにどれだけの知恵と技術を駆使していただいたか

今回改めて体感することができました。

現場からの帰りは、黙々と地道な作業をやり遂げてくれる職人さんたちに感激して何度も涙が出ました。

感謝の思いで満たす我家は、きっと良い気が流れているでしょう。

DSC_1043.JPG

これからその良い気を家族友人知人とともにもっと大きく育てていきたいと思います。

11月2・3・4日は完成見学会を開催します。

そして、我家ご近所の新築のお家も構造をご覧いただけます。

ご都合よろしければご見学くださいませ。

新築&リフォーム 2棟同時見学会

2019.10.18

輪和建設の福井です

斑鳩町法隆寺北の現場の見学会が決定いたしました!

両会場間は徒歩5分圏内。

新築現場では手刻みで組み上げた構造、エアパス工法の仕組み・断熱方法を、

リフォームの完成現場では漆のカウンターやタイルなどの伝統工芸、オリジナル建具のデザインなど見どころたくさんです。

3日間限定の公開となりますので、ぜひこの機会にご見学ください。

詳細はこちら>>

DSC_1029.JPG  DSC_1035.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ