主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

養蚕農家住宅のリフォーム

2015.04.15

IMG_1007.JPG

中西春代です。

ただ今、お客様が購入された古民家をリフォームしています。

この古民家は元養蚕農家さんの住宅だったらしく

畳を上げると下地の板の一部が開閉できるようになっています。

その板を外すと写真のような穴が出てきました。

この穴には火鉢を入れたり直接練炭を入れたり

蚕を飼うための室温を保つために作られた床暖房のような穴だったそうです。

寒さ厳しい山中での産業の知恵ですね。

宇陀地方は、養蚕業が盛んで、旧榛原町には奈良県立蚕業試験場が

大正6年~昭和25年まで奈良県下の養蚕の指導機関として機能していたそうです。

春の長雨

2015.04.14

輪和建設の福井です。

今年も保育園の役員は何も当たらず、ほっと一安心です。(いつか大きなのが当たりそうですが・・・)

入学式が終わってからほぼ毎日傘を持っての登校が続いています。

入学以来ずっと熱が続いているお子さんもちらほら聞きます。

古民家の方はしとしとと降る雨が風情があってよさそうですが、現場の監督や職人さんたちは日程一つ組むにも大変だと思います。

早く天気が安定してくれたらいいのですが。

 

再利用

2015.04.11

P1120593.JPG

中西春代です。

リフォーム工事が進んでいます。

古民家では年月を経たないと出ない味わい深い部材が多くあります。

すすけて黒光りした梁や柱

そういった古材を再利用して工事が進んでいます。

強度を確認しながら地道な作業が続きます。

桜流し

2015.04.10

輪和建設の福井です

今年は桜と同時に雨が多く、すぐに散ってしまうのではないかと心配していたのが先週の金曜日。

気温の高い日が少なかったせいか、富雄川沿いの桜は下の方は葉桜ですが、上の方はかろうじて花が楽しめます。

 ちょっと調べものをしていて見つけました

桜雨・・・桜が咲くころの雨

桜流し・・・花びらを散らす雨

その姿によってたくさんの表現があって、桜がいかに人々に愛されているかが分かりますね。

桜の咲くのと同時期に事務所の入り口のつるバラの葉も青々としてきて、私の大好きな新緑の季節ももう少しです。

 

 

 

 

給食センター

2015.04.09

輪和建設の福井です

中西監督に続き、うちの長女の入学式とおじいちゃんおばあちゃんへの制服&ランドセル姿のお披露目も無事終わりました。

学童へ行くのでしばらくお弁当作りの毎日です。

期間限定なのでなんとかがんばれますが、中学・高校と毎日お弁当を作ってくれた母のありがたみが身にしみます。

大和郡山市の給食センターは今年から「あすなろ」と「あおぞら」の二か所でそれぞれ小学校向け・中学校向けの給食を担当するそうです。

アレルギー対策と床に水が落ちない"ドライシステム"が売りで、昔の調理場のイメージとは変わってきています。

給食は献立にしか興味がなかったですが、作られている環境も注意しなければいけないんですね。

お家も使われている材料や作っている職人さんもろもろ、出来上がって目に見えないことにも気を配るのが、われわれ工務店の役目です。

 

 

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ