主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

宣伝隊長

2017.11.06

輪和建設の福井です

"電車から輪和さんの建てているおうちが見えるね"と言っていただきました。

通常は『奈良住まいと暮らしの年間』という雑誌とHP、facebookが主な広報である輪和建設にとって、宣伝隊長になってくれる存在なんだな~と実感しました。

IMG_20170925_143037.jpg

イメージシートがかけられているところを少し離れて撮った写真です。

大きすぎてあまりイメージできていなかったんですが、もっと字を大きくするべきだったな~と反省。次回に生かしたいと思います。

 

そして宣伝隊長を務めてくれている『二条町の家』ですが、12日に構造見学会をさせていただきます。

輪和建設が大切にしている強く、美しい構造を見ていただけます。

難しい計算は設計に任せるとして、出来上がってからでは見られない部分が重要であるということだけでも知っていただけたらと思います。

 

--------------------------------------

      『二条町の家』 構造見学会

       11月12日(日) 9:00~17:00

大切なお家を公開してくださるお施主様に感謝しながら皆様のご来場をお待ちしています

--------------------------------------

 

家は身を守るもの

2017.11.03

輪和建設の西川です。

リフォームは本当に難しいと思う今日この頃です。

申請不要な工事ゆえに適当に施工されてる場合があります。

解体が終わり、家の全貌が見えたときにその家の歴史がしっかり分かります。

田舎建ての古民家の場合は梁、柱がしっかりしており、土壁そのものも耐力壁になりますので安心できますが

30~40年前の一般的な住宅は、基礎も無筋コンクリートの布基礎で土台柱は105角(弊社では新築時には120角です)

直下率(1階と2階の柱、壁の一致率)も大変悪く、耐力壁の数も柱の数も少ないです。

そのような場合、安易に耐力壁を追加すると引き抜き力が大きくかかり、基礎に負担を与えてしまいますので

基礎を鉄筋コンクリート基礎で補強したり、バランスよく耐力壁を配置しています。

taisinn.JPG

画像左現状、右補強計画(評点による倒壊の危険性を示した図)

既存の梁せいが足りない場合は添え梁をしたり、柱を追加するなど

現場では、柱、土台、梁の状況をみて、補修や入れ替えをしています。

すべて、内部の仕上げができてしまうと見えなくなってしまう部分です。

見えないところほど、慎重にすべきだと思います。

11月です。

2017.11.01

中西春代です。

忙しすぎた10月。

ふっと気が付くと11月です。

10月も無事に過ぎ感謝です。

10月には、我家の二男が輪和建設に入社しました。

忙しさにかまけて紹介を忘れていました。

我家には、息子が三人いまして長男はまったく別の仕事をしていますので

大学で建築を学んだ二男が輪和建設の跡取りとなります。

三男は建築に少しかかわりのあるサラリーマンです。

母を冷静に評価してくれる三人の息子たち。

よく言われるのが

「結局、何を言いたいの?」

「若作りはやめてや。痛い結果になるで。」

なんやかんや言っても息子たちはよく働き(仕事できるできないは別として)やさしいです。

二男は、早速、お客様の打ち合わせ、メンテナンス、と走り回っていますが

まだ輪和建設に慣れないこともあり何かとご迷惑をおかけしているかもしれません。

お客様に喜んでいただける仕事がしたい。

この利他の心がある限り

苦労を喜びとして生きていけるはずです。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

『十津川の家』完成見学会

2017.10.29

IMG_9842.JPG

中西春代です。

本日、『十津川の家』完成見学会が無事に終了しました。

さすがに、遠方の方は

「楽しみにしていたけれど、台風で参加をあきらめた」とご連絡をいただきましたが

ご近所の方はご見学いただいたようで喜んでいます。

現場にいたスタッフは、雨風の強い中での、エアパス工法のお家、長期優良住宅を一日体感できたのは

良い勉強になったことと思います。

この台風が過ぎれば、お天気が続くようです。

紅葉の中でのお引渡しももうすぐです。

ゆったりとおおらかに暮らしてくださることでしょう。

大切なお家を公開していただきましたお施主様ありがとうございました。

雨の中をご見学いただきましたお客様ありがとうございました。

エアパス換気口

2017.10.29

エアパス.jpg

輪和建設の阿部です。
また台風が近づいてきています。みなさん、台風養生はお済みでしょうか。

弊社は自然の力を活用したエアパス工法を採用しています。
夏は床下からの涼しい空気が壁内部と小屋裏を通り、越屋根と呼ばれる屋根にある換気口から抜けていきます。
寒くなるとこの換気口を手動で閉めて、暖かい空気を閉じ込める、というものです。換気口の開け閉めは、ワイヤーレバーを手動で引っ張って行います。電気など機械を使わないシンプルなつくりで、床下換気口も手動で開け閉めして回ります。年に2回のお家の衣替えです。

夏場でも今日のような台風の時は雨が入り込むおそれがありますので、換気口は閉めてくださいね。
写真は我が家の屋根裏。忍者屋敷のように換気口にワイヤーがはりめぐらされています。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ