主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

アワビの鳥よけ

2018.07.27

IMG_6136.JPG  IMG_6140.JPG
輪和建設の阿部です。
今お庭の提案させていただいているので、何かヒントはないか、、、と依水園に行ってきました。
依水園は東大寺横にある日本庭園です。
かやぶき屋根の建物の屋根にキラキラ光る貝がらがありました。後で調べてみると、カラス除けとしてアワビの貝殻を内側を表にしてつけているとのことです。鳥除けにベランダにCDをつるすのと発想は一緒なのでしょうが、アワビをつるすとは、なんとも粋です。

夏バテ対策に! 土曜日開催です♪

2018.07.24

輪和建設の福井です

夕立を心配しなくていいのはありがたいのですが、雨が全然降らないですね。

夏休み中の学校のプールも陸上大会も、水泳大会も熱中症の危険があると中止になりました・・・

暑い日が続き、体もお疲れではないでしょうか?

8/4(土)はモデルハウス『和みの家』にて季節ごとに開催中のコラボイベントが開催されます。

テーマは〝夏の胃腸疲れケア〝

中医学では私たちの体は「氣・血・水」の3つの要素で成り立っていると考えます。

「氣・血・水」がバランスよければ健康ですが、夏はこのバランスが最も崩れやすい時期です。

夏の不調をそのまま残しておくと、秋になっても抵抗力が落ちて風邪をひきやすくなります。

夏バテをなるべく早く回復し、秋に向けて体調を整えましょう。

ヨガ講師は南森町のヨガ教室 アンシー'sストレッチヨガ 代表 アンシー先生

薬膳監修は柳町で薬膳料理教室「寺子屋*花」 おうち薬膳「菜花」 主宰 大東清美

P_20170516_135216.jpg

今回は初めての土曜日開催です。

普段お仕事などで参加できない方もこの機会にぜひ一度体験してください!

 

詳細は イベントページ をご覧ください

 

 

 

 

床下インスペクション

2018.07.23

輪和建設の西川です。

先日、床下インスペクションに同行させてもらいました。

普段は、床下に潜って、写真を撮って報告となりますが、

お客様自身、実際に見られていないので、本当にうちの床下なのか、

悪い噂で良く聞く、蟻道を故意につけられた場合でも気が付きません。

今回、こちらのモグル君を用いた床下のインスペクションを行いました。

01ec36c0d0e7fa4191a4c26a27ce466fbc6e2ab740.jpg01bd58b3791c9ccca737b25457ccf9bdf63df2ebb4.jpg

モグル君とパソコンが通信され、リアルタイムの映像を見て確認することができます。

また、探知機もあるので、今ここにモグル君がいるというのもわかります。

技術者数名で目視判断が出来る点、お客様にもリアルタイムで確認していただける点でとても良いと思います。

私は初めて、見ましたが、想像以上に部分の拡大画像も鮮明に確認できることに驚きました。

映像は、画像として保存でき、我々の確認結果をもとに報告書とあわせて、まとめられます。

建築業界は、機械化が進んでいますが、今回の目視確認のように、機械化すべきでないところの見極めも大切だと思いました。

トイレの手摺カウンター

2018.07.20

DSC_0459.JPG

輪和建設の阿部です。
写真は、大和郡山市のリフォーム現場のトイレです。
トイレを広く、、、というご要望で、トイレの壁を撤去し、玄関部分の土間に床を貼って広げました。
壁に出っ張り部分がありますが、これは既存の壁があった部分の柱下部にホールダウン金物が取り付けられていたためです。耐震を考え取り付けられている金物ですから、むやみに撤去することはできません。
ホールダウン金物の部分をコの字に囲み、トイレから立ち上がる際にちょうど良い高さに、手摺カウンターをデザインしました。

奈良県産材使用住宅助成事業

2018.07.17

輪和建設の福井です

奈良県産材の利用拡大を図るため、県産材を使用した住宅に対する助成が今年も実施されています。

毎年お盆頃には予算額に達して受付終了となるんですが、

知名度が上がってきたのか、今年は去年よりも予算額の達成が早いような気がします。

地域認証材は6/12に受付終了。

県産材のほうも7/13現在、予算残額270万円(約25%)となっています。

今年は建築確認がおりてからしか交付申請手続きができなかったりと少し間口が狭くなったんですが、それでも去年を上回るペースです。

輪和建設が使う天然乾燥材は、県産材助成に該当するので、あと少しだけ枠があることになります。

今お打合せをさせていただいているお客様に使っていただけるよう、設計と連携して進めていきます。

奈良の木を使用した住宅への助成制度

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ