ただいま建築中

解体工事は終盤へ。

2016.12.12

インフルエンザが怖くて、家族でなかなか出歩けない中西です。

高安の家新築工事では解体工事が進んでいます。

工事の前半では、手作業での瓦の撤去作業が

続いていましたが、

先週から重機が入り、どんどん工事は進んでいきます。

もう少しで解体工事完了です。

解体工事が終われば、地盤調査・地鎮祭・仮設工事等

進めていく予定です。

IMG_20161209_094717.jpg

IMG_20161209_094308.jpg

内部はボード貼り、外壁は塗装工事

2016.12.09

輪和建設の芦内です。

広陵のリフォーム現場も、内部は石膏ボードを貼っていき、外部では外壁の塗装工事が行われています。

徐々に完成に近づいてきました。

お引き渡しまであと1ヶ月半、年内に外部の足場もはずれ、'できてきた感'が増すかと思います。

IMG_20161209_093733.jpgIMG_20161209_094821.jpg

ボード貼り工事

2016.12.08

輪和建設の水本です。

桜井市でリフォームをさせて頂いてます。
先週からボード貼り工事が始まっています。
ボードが貼れて行くと、だんだんと
図面のどおりの部屋の形ができてきます。
9月末から工事を施工して、約2カ月が過ぎ
工事の完成予定まで、残すところ後1カ月半です。
順調よく工事を進めていきたいです。

P1250257.JPG

スロープの仕上げ方。

2016.12.06

雨の休日『TSUTAYA』にお世話になった中西です。

田原本の家新築工事では、外構工事が完了しました。

今回スロープの仕上げ素材は三和土風のもの。

土にセメントを混ぜて、固めていきます。

特に雨の濡れてしまうところでのスロープは滑りにくい材料を

選ぶ必要があります。

タイルや、石でも表面が凹凸のあるものでないとだめですし、

滑りやすさの違うものを混ぜて使うのも危険があるといわれています。

施工は左官屋さんがコテできれいにならしていただきました。

アクセントを兼ねて庇の雨落ち部分に石を並べて仕上がりです。

IMG_20161125_103431.jpg

外壁のクラック補修

2016.12.03

輪和建設の芦内です。

古いお家で、外壁を左官仕上げ又は左官下地に塗装などで仕上げておられる場合に良くある事ですが、クラック(ひび割れが)入って、ひどい場合はそこから雨漏りしている事があります。

広陵のリフォームの現場もいたる所にクラックがありました。このまま塗装を上から掛けても後々に雨漏りが心配です。クラック部分にV字断面に溝を入れ、コーキング処理をした後にセメント系のパテで均します。こうする事で、仕上げ塗装の見た目も良くなり、ここからの雨水の浸透の心配も無くなります。

昨今は左官に代わって、乾式工法のサイディングが多くなってきています。、これとて、ジョイント部分のコーキングは場所によって10年未満で切れてしまう事があります。

リフォームまでもいかなくとも、一定年数で家をメンテナンスする事で、より寿命が延び、結果的にコストの多くか課からいないことになります。

IMG_20161202_102201.jpgIMG_20161202_102037.jpgIMG_20161203_121647.jpgIMG_20161203_121851.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ