ただいま建築中

監督の美的センス

2015.12.11

輪和建設の林です。
大和郡山市の御家のリフォーム工事はもう直ぐ完了です。
お施主様のご要望で玄関に耳付(表皮部分を切り落していない木材)の
式台を設ける様に図面に描きましたがCAD図面に自然な曲線を
表現する事は難しく、細かく描いても図面と同じものを探し出すことは
不可能なので文字で「耳付き杉板」としか表現しておりません。
ですので現場監督はお施主様と打ち合わせて「耳付き杉板」を選ぶことになります。
設計の私も立ち会って現場にどのような形の「耳付き杉板」が入っているか
確認するべきなんでしょうが、弊社の現場監督は美的センスも備わっており安心して任せられます。
また弊社の場合、監督にそういった決定権が与えられているので
細かい所ですが自分の考えを形に残すことが出来る事ができます。
監督もそれを誇りにして仕事を楽しんでいます。そんな社風に感謝です。

IMG_3951.JPG

建具の種類

2015.12.10

冷え込みが厳しくなり、家ではチビが体調を崩している中西です。

小泉の家改装工事では、室内の建具が入りました。

杉の格子戸は透明ガラスが入り広がりを感じる建具に。

襖は印象に残る襖紙を選んでいただきました。

きちんと、視線をさえぎります。

部屋や用途に合わせて建具を選んでいただきました。

養生がとれ、照明がつくといよいよ完成です。

雨のため外回りの工事が進めていませんが、

今週末の見学会に向けがんばります。

IMG_3949.JPG

IMG_3955.JPG

床下配管工事

2015.12.09

輪和建設の水本です。

奈良市内でリフォーム工事をさせて頂いてます。
水周りの位置がかなり変更になります。
床下の配管工事(水・湯)の施工方法は、
さや管ヘッダー方式です。
この方法は、配管材料は高いのですが、
位置が変更になる場合など、配管が
自由に曲がる為、施工がしやすいです。
順調良く配管工事を完成し、次は床断熱材を
取りつけていく段取りです。

P1170425.JPG

 

 

 

 

 

 

 

P1170421.JPG

 

補強柱

2015.12.08

輪和建設の林です。
奈良市の御家のリフォーム工事では
以前、報告をさせてもらった柱の断面欠損の補強として
もう一本柱を添える工事が進んでいます。
元々の柱に新しい柱を添わせてボルトで締め付ければ一体として
2階の荷重を支えてくれます。
梁の組み方と2階の間取りを考えると何処の柱が多くの荷重を
支えているか判ります。
その柱を掌で叩くと振動や音を聞いて間違いがない事を確認します。
大工さんや監督は叩いて張り詰めた音を聞いて
「キンキンやな、この柱は大切やで」と構造計算をしなくても
長年の経験で判ってしまいます。

P1170402.JPG

外壁の印象。

2015.12.07

ゆず風呂はいつ?と聞かれて冬至と答えられた中西です。

小泉の家改装工事では、外部の仮設足場がなくなり、外観が見れるようになりました。

真っ白な外壁に、お施主様と一緒に少し安心。よかったです。

室内では、2階のクロス工事が終わり、白い壁が明るく。

1階では漆喰の工事が進みもうすぐ仕上がりです。

今度の日曜日13日には、見学会を予定しています。

ご興味のある方イベントページをご覧ください。

IMG_3740.JPG

IMG_3736.JPG

IMG_3726.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ