ただいま建築中

断熱材と床板

2015.12.19

輪和建設の林です。
奈良市のリフォーム工事の御家では
断熱材と床仕上げの杉板の重ね貼りが施工されています。
元々入っていた断熱材は筋交をや樹脂サッシを入れるので
捲って新しい断熱材を施しています。
床も無垢の杉板になるので体感的にも暖かく感じると思います。
完成がまだ寒い季節なので楽しみです。

P1170673.JPG

屋上の防水工事

2015.12.18

クリスマスパーティー、ちびたちは合計4回参加予定の中西です。

鉄筋コンクリート造の屋上で防水工事を行っています。

シートをバーナーであぶって溶かしてから貼り付けていきます。

横にはきちんと消火器を置いての工事です。

防水工事がきちんとすれば雨漏りはしないのですが、

どんな材料も劣化はします。

コンクリート造だと、屋根に傾斜を設けることは難しく、また屋上の有効利用も出来るため、

このような工法で防水を行います。

ただし、戸建ての木造住宅では勾配をある程度つけていたほうが雨漏りの心配も少なくすみます。

材料は日本瓦か、ガルバリウム鋼板が長持ちしますし、

家を守るために、出来れば屋根の形状も複雑にしないほうがいいですね。

IMG_4039.JPG

IMG_4031.JPG

エアパス模型

2015.12.16

輪和建設の水本です。

当社は、、自然エネルギーを活用して
エコロジー性能を高めるという考え方に
基づいた「エアパス工法」を採用しています。
先日、エアパスグループの本部長様が、
モデルハウスにお越し頂いた際に、
エアパスの模型が、とてもわかりやすくて
いいと絶賛されていました。
わたしも以前から、分かりやすくていいなと
思っていたのですが、この製作者が、当社の
中西監督だとは知りませんでした。
当社の監督は、ものづくりもできるのだと
あらためて感心しました。

P1170563.JPG

12月13日(日)リフォーム完成見学会

2015.12.12

輪和建設の水本です。

明日12月13日(日)リフォーム完成見学会を
大和郡山市小泉町で開催します。
床板は、200年の吉野桧伐採体感ツアーで
お世話になりました。奈良県吉野郡川上村の
川上さぷりさんからの、吉野杉と桧を施工しています。
収納家具にも杉と桧を施工しています。
階段の登り口には、化粧の桧の柱を建て、
腰壁の上に開口を開け、抜ける感じをだし
広がりをもたせています。
他にもご参考になる箇所が、随所にあると思います。
大切なお家を公開してくださるお施主様に
感謝しながら、皆様のご来場をお待ちしています。

監督の美的センス

2015.12.11

輪和建設の林です。
大和郡山市の御家のリフォーム工事はもう直ぐ完了です。
お施主様のご要望で玄関に耳付(表皮部分を切り落していない木材)の
式台を設ける様に図面に描きましたがCAD図面に自然な曲線を
表現する事は難しく、細かく描いても図面と同じものを探し出すことは
不可能なので文字で「耳付き杉板」としか表現しておりません。
ですので現場監督はお施主様と打ち合わせて「耳付き杉板」を選ぶことになります。
設計の私も立ち会って現場にどのような形の「耳付き杉板」が入っているか
確認するべきなんでしょうが、弊社の現場監督は美的センスも備わっており安心して任せられます。
また弊社の場合、監督にそういった決定権が与えられているので
細かい所ですが自分の考えを形に残すことが出来る事ができます。
監督もそれを誇りにして仕事を楽しんでいます。そんな社風に感謝です。

IMG_3951.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ