ただいま建築中

リフォーム工事着工

2015.09.16

先日、秋刀魚をおいしくいただいた中西です。

小泉町の家リフォーム工事が今日から着工です。

御施主様は昨日仮住まいの家にお引越し、しばらくの間ご不便をおかけいたします。

引越しの際、荷物をよけてみると、壁や床にカビが傷みなど、発見したそうで、

知らないところでも、家が傷んでいます。

原因は床下からの湿気。

今回のリフォーム工事では1階の床下に防湿コンクリートを施工する予定。

年末には気持ちよくお住まいいただくために、がんばります。

近隣の方々にはしばらくの間ご迷惑をおかけいたします。

ご協力よろしくお願いいたします。

IMG_3269.JPG

高性能樹指窓

2015.09.15

輪和建設の水本です。

奈良市でリフォーム工事をしています。
今回、サッシの入替え工事をさせて頂いてます。
外観からみたら、アルミサッシに見えますが
YKKのAPWという、樹指窓のサッシです。
カタログからですが、樹指窓の普及率は
アメリカで67%、ドイツで60%で世界では
スタンダードになっているそうです。
優れた断熱性能があるので、お施主様も
工事の完成する11月後半の冬には
お住まいが、寒くならないのを楽しみにされています。

P1150047.JPG

合板の信頼性は?

2015.09.14

輪和建設の林です。
在来工法(ユニットバスでないタイル貼り)の浴室に接する脱衣室の床は
湿気やすく、薄い板(単板)を接着剤で積層させた合板は湿気で接着が弱まり
根太の間を踏むとブヨブヨとたわんでしまいます。
今回の改修工事もこのケースで下地合板の状態を見ようと
クッションフロアーを剥がすと合板の一層目の単板が一緒に捲れてしまいました。
積層樹脂よりクッションフロアーと合板を貼り合わせた接着剤の方が強かった為です。
現在の耐水合板ならブヨブヨにならないと信じたいですが30年後はどうなるか心配です。

P9110652.JPG

木造のガレージ

2015.09.12

昨日はトンボの大群に秋を感じた中西です。

本宮の家では久々、天候もよくガレージの工事が進んでいます。

木材を運んでいると家は仕上がってきているのに、

どこに使うんですか、と近所の方に聞かれたりもしました。

ガレージを木材で建てるって珍しいですものね。

家とのバランスを考えると、木でつくったほうが似合うはず。

内部では漆喰も塗り終わり、吹き抜けには、シーリングファンも取付が完了しました。

IMG_3245.JPG

IMG_3236.JPG

IMG_3227.JPG

溶岩石

2015.09.10

輪和建設の水本です。

東大阪市で外構工事をしています。
ほぼ、完成に近づいています。
玄関の前にある、木製の格子と溶岩石も
自然な感じに仕上っています。
植栽も植えたばかりですが、
これから月日がたって、あじわいのある
お庭になっていただけると思っています。

P1140924.JPGP1140999.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ