ただいま建築中

階段の造作工事中

2017.03.01

輪和建設の水本です

橿原市でリフォーム工事をさせて頂いてます。
これから、階段の加工取付工事にかかります。
階段材は、吉野の桧材で、無節に近いです。
写真は側板と段板の加工したところです。
段板も厚みが4cmあり、できあがると
しっかりとした踏み心地になります。
桧材を刻んでいる最中は、現場の中は、
桧の香りでいっぱいです。

P1260240.JPGP1260241.JPG

屋根の断熱材。

2017.02.28

そろそろ花粉症にびくびくしている中西です。

高安の家新築工事では、屋根の断熱材の施工が終わりました。

家の中から見ると写真のような感じです。

上棟してから一週間、屋根の形状が出来上がると少し落ち着きます。

日曜日には、お施主様ご家族で工事中の現場見学いただきました。

ただ、雨養生のためシートで景色も見えなかったですが。

窓がつくにはもうしばらくかかります。

気候が良くなり、工事も順調に進んでいます。

IMG_20170226_125534.jpg

IMG_20170226_125949.jpg

屋根の断熱材・通気桟の納め

2017.02.27

一日の内に冬と春が同居しているような陽気の日々が続きますね。体調管理には十分気を付けようと思っている、輪和建設の芦内です。

法隆寺北の現場は建て方後の屋根仕舞中です。断熱材(70㎜)を納め、外部からはキッチリと気密テープとコーキングで空気が漏れないように気密を図ります。その上で、通気桟による屋根通気の確保を行います。気密+断熱、そして季節毎に切り替える通気がエアパスの家の要です。更に細部をきっちりと納める施工がとても大事になります。手間は掛りますが、住宅の性能を上げる為に絶対に必要なことです。

IMG_20170227_151456.jpg

IMG_20170227_112517.jpg

押入の造作工事

2017.02.25

輪和建設の水本です

橿原市でリフォーム工事をさせて頂いてます。
当社では、押入の壁と天井には、
吉野杉の羽目板を貼っています。

(床板ももちろん吉野杉です。)
杉のいい香りもしますし、
調湿効果もあって、湿気にくくなり
安心して収納ができます。

P1260167.JPG

屋根エアパス工事

2017.02.24

この前、初めてスパークリングの日本酒をおいしくいただいた中西です。

高安の家新築工事では、屋根のエアパス通気層の工事が

行われています。施工精度を上げないと、きちんとした

エアパスの効果は得られません。

大工さんの施工していただきながら、一緒に確認作業を

行い工事をすすめていきます。

屋根下地工事は来週までかかります。

IMG_20170223_134406.jpg

IMG_20170224_103631.jpg

IMG_20170224_103637.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ