ただいま建築中

コーキングの保護

2015.08.07

輪和建設の林です。
弊社の外壁の標準仕様は無塗装サイディングに弾性リシン吹付です。
化粧サイディングを使えば塗装の手間が無くなります。
殆んどの工務店やハウスメーカーも化粧サイディングを使って
コストダウンを図っていますが
弊社はどうして手間と費用の掛かる無塗装サイディングを使うのか?
それはお施主さまのご希望される色や吹付のパターン(模様)を自由に選べ意匠性が高い。
もう一つの理由にサイディングはジョイントの隙間に防水の為に
コーキング(乾燥するとゴム状になる)をするのですが
直射日光が当たる外壁では紫外線で10~15年でコーキングが劣化して
ボロボロになってしまいます。
劣化しやすいコーキングの上から弾性リシン吹付の被膜を作る事で
紫外線からコーキングを守って耐久年数を伸ばすためにしています。

IMG_3067.JPG

仕上工事前に大切な確認作業。

2015.08.06

高校野球が始まると夏だなあと実感する中西です。

本宮の家新築工事では、室内の手すりやカウンターが出来上がってきています。

現場でお施主様と打合せをしていると、どうしても

想像していた部分と違いがあったりします。

たとえば、写真の手すりはもともと壁だったんですが、

相談すると、視線が通るほうがいいと変更になりました。

ベッドの向きや、家具や本、オーディオなど、ある程度打合せはしてあったところも、

家が出来るにつれて確認して進めていきます。

その中で、変更したほうがいいなあと思うところは少しですがでてきます。

お施主様には忙しい中ですが何とか時間をとっていただきありがとうございます。

この確認作業が大変ですが、大切なんだと感じます。

IMG_3061.JPG

IMG_3059.JPG

東大阪市の外構工事

2015.08.05

輪和建設の水本です。

『大阪府東大阪市稲葉』で、当社が新築工事を
させて頂いたお施主様のお住まいの外構工事が、

今日から始まります。

暑い日が続くなかでの、外構工事なので、
外構工事の職人さんも、本当に大変だと思います。
水分補給と熱中症に気遣いながら、まずは
お盆休みまで施工していき、休み明けの
工事の完成予定は、8月末なので、順調良く
工事を進めて行きたいです。


P1140364.JPG

形が出来上がる楽しみ

2015.08.01

昨日はお休みをもらって川へいってきた中西です。

本宮の家新築工事では外部、内部ともかたちが出来上がってきました。

お施主様からは模型やパースで見てた通りに出来上がってくるんですねと

おっしゃっていただきました。

紙の上で想像していたものが大工さんをはじめいろんな職人さんの力でかたちを

つくっていく、改めてすごいことだなぁと感心してしまいます。

内部も壁が出来上がり部屋になってきました。

外壁や内部の仕上げ工事もそろそろ準備開始お盆を挟んで進行していきます。

まずは足場が取れるのが楽しみです。

IMG_3029.JPG

IMG_3036.JPG

IMG_3042.JPG

腐らない炭化木材

2015.07.29

輪和建設の林です。
南永井町の御家の外構が完了しました。
エコキュートの温水タンクを隠すために設けた木製フェンスも
しっかり役目を果たしてくれています。
この木製フェンスの木材は炭化した杉板を使用しています。
腐りにくく、シロアリの食害も少ない建材です。
昔の家は外壁に焼き杉を貼って防腐防蟻をしていました。
木材の主成分のセルロースは炭水化物なので栄養価があり
それを目当てに腐朽菌やシロアリが寄ってくるのですが
熱を加えて炭化さすと栄養価が無くなり腐朽菌もシロアリも食べなくなります。
それと理屈は同じでゆっくり芯までローストして炭化させた製品です。
構造材では強度が落ちてしまうので炭化は出来ませんが
化粧材なら問題はありません。
生垣のレッドロビンは植えたばかりなのでスカスカな感じですが
成長が早く強い木なので2~3年もすれば葉の密度も高くなり
目隠しと侵入防止のフェンスとしての役目を果たしてくれると思います。

P1140307.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ