ただいま建築中

ダイニングキッチンリフォーム施工完了

2015.03.23

輪和建設の鈴木です。

3月の初旬からダイニングキッチンを中心にリフォームを進めていた

物件が追加工事を残して今日完成しました。

床、壁、天井を全て解体するとこから始まりようやく

今晩からキッチンを使って頂けるようになりました。

お施主様が選ばれた山吹色のL型キッチンも

杉の床と良く合っていて仕上がりはとても綺麗にできたのでは

ないかと思っております。

これからは新しいキッチンで料理や食事を楽しんでもらえるのでは

と思っています。今日まで御不便お掛けしました。

DSC_0850.jpg

漆喰壁の補修。

2015.03.21

もうすぐ春休み、花見へどこか出かけたくなる中西です。

栢森の家修繕工事では、外壁の漆喰の補修工事が行われています。

漆喰は土壁の上に塗られてるのですが、年数とともに漆喰と土壁は離れめくれている状態でした。

めくれた部分から土壁に直接雨があたると、土が流れ出し壁がなくなっていきます。

もちろん昔の家はそれを防ぐために雨が壁に直接当たらないよう軒の出を大きくしてありますがきちんと補修が必要。

浮いている部分の撤去、土壁の補修、下塗り、上塗りと工程を進めていきます。

最近では材料もいろんなものが出ているため、施工も昔と比べるとしやすくなっていますが。

なかなか時間と手間がかかる大変な作業です。

IMG_1689.JPG

IMG_1718.JPG

IMG_1857.JPG

完了検査と社内検査の違い

2015.03.19

輪和建設の林です。
外山の御家の完了検査を受けました。
完了検査は中間検査で構造を検査を受けてから
間取りや開口の変更で構造が変わっていないか
確認するようなものであまり時間を要しません。
シックハウスの24時間換気が設置されているか。
階段手摺を設けているかなど
目視で直ぐに判断できる内容が多いです。
社内検査の場合は納まりの悪さや傷や汚れがないか
チェックするので公的検査よりも時間がかかります。
手直し箇所はポストイットでマーキングされ
その数の量でしっかり養生したのかが直ぐに判ってしまうので
社内検査は設計より監督がドキドキすると思います。

P3180177.JPG

築260年の古民家改修2期工事開始

2015.03.18

輪和建設の鈴木です。

昨日から着工しました。

まずは、天井裏の土下しからスタートです。板張りの上に土と思ってたとこを

めくると、竹編んだ上に土が乗っておりこんなんでも普通に人歩いていても

大丈夫なもんなんだなあと感心しました

この天井を抜いて、最終的には吹抜けのようにし梁等も見えてくるよう

改造していきます。難しい施工が続きそうですが

だいぶ季節も良くなってきていますので自然に囲まれた

この家の工事楽しんで施工進めていきたいと思っています。

IMG_0792.JPGIMG_0790.JPG

手刻み開始。

2015.03.17

今日は半袖で気持ちよかった中西です。

本宮の家新築工事では先日着工式が行われました。

お施主様にはモデルハウスに来ていただき職人さんとの顔合わせ。

忙しい中参加いただき、ありがとうございました。

今週から大工さんには桜井の木材屋さんの倉庫をお借りして

構造材のきざみ工事開始です。

一本一本確認しながら作業をすすめていきます。

完成予定の9月末に向けて、長期間になりますが、

よろしくお願いいたします。

IMG_1712.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ