ただいま建築中

熱伝導率

2015.10.02

輪和建設の水本です。

いきなり、むずかしい言葉ですが、
熱がどれくらい伝わりやすいかという単位です。

単位が大きいほど熱が伝わりやすいという事です。
現在、工事中のお住まいで、施工させて頂いている
断熱材ですが、高性能のグラスウールを使用していて、
性能は、0.038W/(m・K)の数値になっています。
他の部材では、おおまかな数値ですが
アルミが237W/(m・K)空気0.02W/(m・K) 杉0.08W/(m・K)
となっています。空気には負けますが、断熱効果は高いと思います。
この断熱材は、アクリアネクストという商品で、
住宅金融支援機構の断熱材区分のCランクに該当しています。

P1150498.JPG

建築確認図面の保管

2015.09.30

輪和建設の林です。
最近、古民家など築50年以上の御家を多く見させてもらっているので
築27年の御家を診ると新しく感じてしまいます。
小屋裏に入ると雲筋交も入れてくれているし、断熱材も入っています。
垂木も鞍金物でしっかり止めているので筋交も専用金物で取り付けられていると思います。
しかし、建築確認図面がない為に筋交の入っている耐力壁と普通の壁との見分けが
壁をめくってみないと判りません。ちゃんと筋交を施工されていてもボードの撤去復旧費が
余分にかかってしまいます。建築確認図面や竣工図面は大切に保管した方がいいですよ。

P5040672.JPG

床下の劣化と構造の確認

2015.09.28

先日、子供の運動会にいってきた中西です。

小泉の家改装工事では、内部の解体工事が進んでいます。

タイル張りの浴室と、トイレを解体すると防水工事がしっかりしていたのか、

木材の劣化が思うほど進んでいませんでした。少し安心です。

今日は残す柱と梁とを大工さんと一緒に確認、

取替えが必要な柱と補強の必要な梁を打合せしました。

IMG_3318.JPG

IMG_3322.JPG

伐採体感ツアー

2015.09.26

輪和建設の水本です。

明日 9月27日(日)は、吉野郡川上村で、
伐採体感ツアーがあります。
なんと、文化財級の樹齢 200年の桧の伐採をされるそうです。
弊社のお客様もお越しいただいてのツアーで
このような機会に参加できるので、じっくりと見てきたいと思います。
明日は、天気もいいみたいなので楽しみです。

P1150281.JPG

化粧筋違

2015.09.25

輪和建設の林です。
右京の御家では断熱工事が進んでいます。
床下を潜って床の断熱をしようと考えていたのですが
今は使用されていないセントラルヒーティングの配管がいたる所に隠れていて
改修工事は新築としがって思ってた様にはいかないですね。

土壁を落としてから筋交を入れて耐震補強もしています。
開口の多い御家でしたので限られた壁にダブルの筋交を入れないと
耐力壁が足りません。しかも奥の廊下を明るくする為に化粧筋交の設計です。
現場監督と大工さんには無理を言って施工してもらってます。

P1150263.JPGP1150260.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ