ただいま建築中

構造で贅沢をする

2015.01.23

輪和建設の林です。

稲葉の御家では27日の中間検査に向けて自社検査を行いました。
化粧筋交が入る1枚を除いて全ての筋交と金物は間違いなく
施工されていました。もちろん検査の前には化粧筋交は施工します。

稲葉の御家は平屋建てなので壁量計算で十分に建築確認申請を
クリアーするのですが許容応力度計算で求めています。
構造設計で2.5倍以下の耐力壁をバランスよく配置する事で
柱に発生する引き抜き力は10kN(1トン)以下に抑えています。
ですので写真のホールダウン金物のHD-15kNは必要ないのですが
基礎コンクリートから直接柱を引き寄せる金物がないと
ちょっと気持ち悪いので自主的に建物の四隅に入れています。
また、梁の設計もロフト部分の荷重を加えて計算していますので
平屋建てですが梁成(梁の厚み)が360mmもあります。
法基準だけならもっと梁成を抑える事が出来ますがたわみ量を
通常の半分に抑えている安全仕様になっています。

P1221228.JPGP1221272.JPG

防蟻工事

2015.01.22

輪和建設の鈴木です。

先日は東大阪稲葉の現場で、防蟻工事をしてきました。

GL+1000まで散布を行いました。

土台には柿渋塗っていますが防蟻材を散布すると安心します。

今日は雨で工事をあまり進める事ができませんでしたが

明日、明後日は屋根、外壁廻りほぼ仕上げていき

来週にはルーフィング、及び板金工事していく予定です。

DSC_0626.jpg←防蟻材 エコボロンPRO

DSC_0624.jpg↓外部合板施工状況

田んぼの造成工事

2015.01.21

家では次女の卒園、入学式に向けてそろそろ準備開始の中西です。

昨日は設計の林さんと一緒に本宮の造成工事現場へいってきました。

田んぼの表層の土を撤去完了し、埋め立ての土を運び込む作業に取り掛かっています。

その量は約700立米ダンプカーが往復する中、最終地盤面を計画図を元に現状と照らし合わせ問題がないかの確認と

仕上げ高さの基準となる木杭を40本打ってきました。

本格的な建築工事は3月ごろ(?)の予定。

また、外山の家新築工事ではユニットバスが設置されました。木の家の中に一部屋だけ完成されたユニット。

今見ると少しだけ違和感があります。大工さんは階段の施工途中です。

IMG_0444.JPG

IMG_0446.JPG

IMG_0429.JPG

ときには遠くを眺めるのもいいものです

2015.01.20

輪和建設の林です。

本宮町の家を建てる前の造成工事のすきとり状況の確認と
盛土をするための遣り方を行いました。
水田の土泥が深かったらと心配していましたが
想定していたすきとり量で済みそうでよかったです。

写真は工事とは関係ありませんが本宮町を一望できる
熊野古道が通る山頂から撮影したものです。

写真では伝わりにくいかもしれませんが
山々がつながり神々しいほどの景色です。

20150120_160641.jpg

屋根エアパス工事

2015.01.19

輪和建設の鈴木です。

東大阪稲葉の現場では、屋根の断熱工事、通気層の為の胴縁下地

等の工事を行っています。

写真にあるように、厚70mmの断熱材に気密防水テープで気密

南面は910ピッチで空気の通り道を作っています。

冬にしては雨が多く、水曜、木曜日が雨予報なのがつらいとこですが

来週頭には防水の為のルーフィング工事をして雨じまいは出来そうです。

まだまだ寒く、インフルエンザはやっていますので

体調にも気をつけて仕事していきたいと思います。

DSC_0611.jpg

←断熱材施工及び、気密テープ施工状況

DSC_0615.jpg

↓南面通気胴縁施工状況

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ