ただいま建築中

桜始開...

2017.03.25

春分を過ぎ、いよいよ南から日本中が桜色に染まっていく季節になってきました。

輪和建設の芦内です。法隆寺北の現場は、解体した蔵とくっついていた主屋の外壁部分の改修を、本体工事と同時に行っており、主屋の趣に合うように、焼杉の塗装品で少しばかり古色を出しています。今は足場とシートに覆われている為全体が見渡せませんが、足場が撤去されればその雰囲気が横にある里道から眺めることができます。主屋全体にしっくりと馴染んだ出来上がりになる事でしょう。

IMG_20170322_165720.jpgIMG_20170324_170154.jpg

玄関タイル張り工事

2017.03.24

輪和建設の水本です

橿原市でリフォーム工事をさせて頂いてます。
玄関のタイル張り工事が完成しました。
タイルの張り方にも、色々と種類があります。
通し目地(いも目地)や、やはず張り(網代張り)
など名称があります。
写真の張り方は、馬張り(馬踏み目地)です。
落ち着いた、上品な仕上がりになっています。

20170323 (7).jpg

定期点検

2017.03.23

高田商業を応援していたので、今日は残念だった中西です。

先週定期点検へ2件お邪魔してきました。

目に見える部分で何か不具合があれば、その都度連絡いただけるようお願いしているので、

基本的に点検では、見えにくい部分がメインになります。

例えば床下で、給排水が問題ないかはチェックポイントのひとつ。

排水管の一部は透明になっていて直接管の中身が見れるようになっています。

今すぐ問題になるところはありませんでしたが、

キッチンは油分が排水管の中で固形化していて、将来詰まる原因になります。

そのあたりもきちんと報告。

そのほか、せっかくなのでと、いろいろご相談いただくことが多いです。

収納や暖房器具、そのほか塗装や外構などなど、伺うまで聞くことをためていただいていることもあります。

これからは、ためずに、いつでも気軽にご連絡ください。そのほうがうれしいです。

IMG_20170318_151448.jpg

ようやく春が来たー!

2017.03.21

 一昨日、昨日と春の陽気を満喫した芦内です。

法隆寺北の現場は、外壁の通気桟の取付が始まりました。風の気持ちになってどう流れるか考えて、スリットやサッシ下の斜め材などを取り付けていきましょうと大工さんと打合せしました。エアパス工法にとって、ダンパーの取付位置と共に大事な工程です。IMG_20170321_170421.jpgIMG_20170321_170437.jpg

漆喰塗り工事

2017.03.18

輪和建設の水本です

橿原市でリフォーム工事をさせて頂いてます。
和室の壁を漆喰に塗替え予定です。
左官の職人さんに、元々塗ってあった
聚楽の壁を、めくってもらってます。
しっかりと塗ってあったので、はがすのにも
ほこりで、真っ白になりながら作業して
頂きました。これから、下地を調整して
その後、下塗りをして、漆喰の仕上げ塗りを
するまでに、約2週間です。
仕上がると、工事中の雰囲気ががらりと
変わるので楽しみです。

P1260359.JPGIMG_20170315_104328.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ