ただいま建築中

道路後退

2014.12.17

輪和建設の林です。
建築基準法で建築物を建てようとする敷地には
4m以上の道路に2m以上接していなければなりません。
しかし、自動車がなかった頃からある集落では4m以下の道路はよくあります。
昔は牛車が通れる幅があれば支障がなかったからです。
現代では自動車がすれ違える幅が必要で、防災上も消防車や救急車が
容易に通れなければなりません。
ですので4未満の道路は中心から2mの距離まで敷地を後退するように
建築基準法で定められています。

PB160502.JPG

エアパス検査

2014.12.16

輪和建設の鈴木です。

先日、南永井町の現場では社内エアパス検査を行いました。

建物内部の断熱施工状況、外部の通気層等の確認を現場監督及び

代表の中西とともにおよそ30分程度かけて検査を

行いました。施工しているお家が冬あったかく夏涼しいと

感じてもらえる肝ともいえる大切な検査。

合格をもらい現場監督としてほっとしています。

今週末からは1階の床貼りを行っていきます。

だんだん形になっていく家をみていくのは本当に楽しいです。

DSC_0468.jpg

カメラと人の目の違い

2014.12.15

外山の家では中間検査前の自主検査に行ってきました。

出発時間が遅かったので現場に着いたときは真っ暗

建物内がほとんどの検査ですので照明を点ければ

目視で確認することができますので問題はないのですが

カメラのピントがなかなか合ってくれません。

いかに人間の目の性能が良いかわかります。

しかし、年のせいか暗いところでは自分の書いた図面の

小さな文字が辛くなってきました。

PC150974.JPG

寒い中での仕上げ工事。

2014.12.13

年賀状はまかせっきりの中西です。

福住の家改装工事では、年末に向けて仕上げ工事が進んでいます。

室内では、漆喰の仕上げ塗りを施工しています。

下塗りの石膏とはガラッと雰囲気が変わります。ただ、床面のシートのせいで部屋全体がまだ青っぽいですが。

外部では吹き付け塗装の事前準備として、洗浄作業と既存塗料の浮いている部分の撤去作業がすすめていただいています。

後は、気温と天候との戦い。

年末、冷え込みや天候が厳しいと作業がはかどりません。

無理に工事をすすめることはできないので、あとは祈るだけですね。

IMG_9752.JPG

IMG_9751.JPG

IMG_9758.JPG

エアパス、外部通気層工事完了

2014.12.12

輪和建設の鈴木です。

南永井町の現場では外部の通気胴縁工事が終わり

内部の断熱工事の残り施工中です。

来週月曜には、社内のエアパス検査がありますので

明日も指摘事項ないよう現場チェックの日が続きます。

この検査が夏涼しく冬暖かいエアパスの肝ですので

品質管理に努めたいと思います。

DSC_0450.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ