ただいま建築中

細かな配慮設計

2014.07.01

輪和建設 澤田です。

中央市場の多機能トイレの工事も足場を取り払い段々と形が見えて来ました。

市場はトラックの出入りも多く、屋根に車が接触しないように注意を促すための

反射板を軒先に取り付けるよう、特記仕様書に書かれています。

事細かな配慮がなされていますね。

工事に際し、大変ご迷惑をお掛け致しております。

あと少し、協力の程、宜しくお願い致します。

toile.JPG

同じエアパスでも外観が違います

2014.06.30

輪和建設の林です。

エアパスの研修でグループ内のエアパス工法で
建てられている家を見学させて頂きました。

同じエアパスでも随分と外観の印象が違います。

他社では屋根はS瓦を6寸勾配くらい高く葺き
外壁はリシン吹付仕上げに古材で化粧柱を施して
欧風なイメージの住宅に仕上がっています。

P6100076.jpg

弊社では屋根はガルバニウム鋼板を4寸勾配で葺き
外壁はリシン吹付仕上げに部分的に杉板を施しています。
和風モダンなイメージの住宅に仕上がっています。

名称未設定-1.jpg

杉板が横貼りなので北欧風にも見えますね。

階段の加工と取付

2014.06.28

ついついサッカーの試合を見てしまい寝不足気味の中西です。

車町の家では、大工さんにより階段・建具枠・窓枠などの木材の加工と取付が進んでいます。

特に階段の加工は手間がかかりますが、手馴れた手つきでどんどんと進んでいきます。

ベニアや建材の階段では工場で加工されてくるため、取付も1日ぐらいでできますが。

桧の階段ではなかなかそうはいきません。

取り付けられた後はしっかりとキズ付かないよう養生されています。

IMG_8519.JPG

IMG_8518.JPG

木材利用ポイント

2014.06.27

輪和建設の鈴木です。

前回補助金の事を書きましたが、今回は木材利用ポイントについてです。

最近の実績としては木造2階建ての家を新築後、申請を出しました。

具体的には新築の構造材使用で30万ポイント 内装の木質化(床が木材)で30万ポイント

そのうち、半分の30万が即時交換(工事代金にあてる事ができます)。

半分が商品との交換に使えるポイントとして補助されます。

今回は新築ですが、リフォームでも内装の木質化でも補助をうけれますし

以外に手軽に利用できる補助金だと思います。

木材を使用して新築やリフォームをお考えの方は是非一度調べたり

相談したりして見て下さい。

IMG02669.jpg

強度確認

2014.06.26

輪和建設 澤田です。

中央市場の基礎のコンクリートの強度(四週目)の検査確認に行ってきました。

設計による特記仕様書では21N/m㎡ 公共工事共通仕様書では +3N/m㎡

7日目では平均の強度が27.1N/m㎡

今回28日目では試供体3個の平均の強度が33.2N/m㎡

でより強度が上がっています。

 

con2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

con1.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ