ただいま建築中

癒される庭。

2018.07.02

明日は3:00起きで、寝不足予定の中西良行です。

先日研修旅行で鳥取県に行ってきました。

改めて、家には庭が必要なんだと感じました。

心が安らぐ家にするためには、少し暗めのゆったりとした部屋があり、

眺める明るい庭とそれを切り取る窓があるとすごく落ち着きます。

家づくりには部屋の広さや、収納の量、設備の使いやすさなど

考えないといけないことはいろいろありますが、

庭を中心に考えられたら、すごく贅沢だと思いました。

DSC_0060.JPG

石谷家住宅

2018.06.29

輪和建設の中西祥人です。

先日、協力業者会の旅行で鳥取に行ってきました。

その際、石谷家住宅という古民家を見学しました。

建築期間およそ十年という長い月日をかけて完成した建物です。

家を建てたのは石谷伝四郎という方で、鳥取県で山林の地主としてかなり有名な方です。

建物は松やケヤキ・桧・杉と様々な材が使用されていますが、玄関を入ったところにある高さ14mの吹き抜けにかかる松の梁は圧巻でした。

築90年の建物ですが、古く傷んだような印象は一切なく無垢材を使用した本物の家の良さを実感できる素晴らしい建物でした。

鳥取県に行くことがあればぜひ行ってみてください。

IMG_20180627_144528.jpg

IMG_20180627_140358.jpg

再生!

2018.06.27

もう既に夏バテ気味の芦内です。

奈良市の古民家再生の現場がようやく完工しました。

外構工事が完了すれば、刷新した古民家は新しく住まう人を迎え、更に住み継がれていく事になります。

なんだか、家が喜んでいるような気配を感じるのは私だけでしょうか?

6月30日(土)・7月1日(日)は見学会が行われます。 お時間のある方、是非おいでください。

DSC_0021.JPGDSC_0022.JPGDSC_0023.JPGDSC_0044.JPG

家具の転倒防止

2018.06.26

輪和建設の水本です
奈良市にお住まいのお客様から
家具の転倒防止対策のご依頼がありました。
天井がフラットなら、市販のつっぽり棒
タイプで取付できますが、勾配天井のため、
(また壁が土壁でしたので、粘着系も
取付ができず)L型金物で固定しました。
これで少しでも、ご安心頂ければと思います。
DSC_0025.JPGDSC_0028.JPG

聚楽壁を漆喰へ塗替。

2018.06.21

にわかサッカーファンで少し寝不足の中西良行です。

交野の家改装工事では、和室の壁の塗り替え工事が完了しました。

もともとは落ち着いた聚楽の色。

既存の聚楽壁を撤去して、一度下塗りを行います。

平滑に施工した下地に仕上げの白い漆喰を塗り重ねると、

部屋の雰囲気が大きく変わりました。明るくなりました。

この和室の部屋は、畳の入れ替え、襖の張り替えも行います。

雨で施工が遅れていた外構は残っていますが、もう少しで完成です。

DSC_0035.JPG

DSC_0068.JPG

DSC_0018.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ