ただいま建築中

即興でパースが描ければ戦力アップ

2014.04.03

輪和建設の林です。
久しぶりに手描きのパースを描きました。
建築関係者なら図面を見れば頭の中で立体的にイメージ出来るのですが
図面に見慣れていないお施主様はなかなか立体的にイメージするのは
難しいと思います。
細かい納まりなどは表現できませんがパースを見て頂くのが
一番伝わりやすいと思います。
いつもは3次元CADで図面を描いているので簡単にパースを作れますが
今回は2次元CADで描いたため手描きパースになりました。
手描きパースは消点に向かって奥行きを描くのですが
私は奥行き深さを感覚で描いています。
正確さは劣ってしまいますが技法に従って描くと時間が凄くかかります。
打ち合わせの時にフリーハンドで素早く見栄えよく描けるように普段から手描きも練習しないといけませんね。
P4030189.JPG

玄関廻りはお施主様自身の手で

2014.04.02

輪和建設 鈴木です。

宇治、炭山の現場では内部の工事もさることながら

外部でも造園業を営んでおられるお施主様自身の手で

玄関ポーチ廻りの施工をしていただいております。

重厚感のある仕上がりになり完成が本当に楽しみです。

また玄関廻り仕上がったら写真UPしたいと思います。

IMG02464.jpg

お施主様の個性が出る造作家具作り

2014.04.01

輪和建設 澤田です。

東九条町の現場では、木工事完了に向けて作業を進めて頂いています。

写真はキッチン後ろの収納を施工させて頂いているところです。

カウンターは一枚で下にはゴミ箱入れをはさんで両側に収納を造ります。

また、吊戸棚には六枚の引き違い戸をもうけ可動棚を作らさせて頂きます。

組みあがってからでは、動かす事が出来ないので最後に側板を設けます。

メーカーの製品でしたら箱と側材を取付るだけで楽にできるのでしょうが、既製品はやはり既製品

空間を有効利用でき、思い通りに造れるのが造作家具の魅力です。

kagu01.jpg

 

フローリング工事の順番。

2014.03.31

ガソリンスタンドの混雑にびっくりの中西です。

都祁の家改装工事では、今日からフローリングを施工していただいています。今回は杉板の15mmです。

一部床下で傷みがあったところも補強し、最初にしっかりとした床が出来上がりました。

床が出来上がれば天井、最後に壁を仕上げていく予定です。

IMG_8015.JPG

車町の家では、明日から地盤改良工事。本格的に基礎工事も着工していきます。

石膏ボード施工状況

2014.03.30

輪和建設 鈴木です。

 宇治炭山の現場では、2階から石膏ボードの施工が進んでいます。

当社では構造、下地共無垢の木材を使っているのでボードを施工する際にも

直張りの桁、梁は跨いでボードを張る

入隅にはステンのアングルを入れて無垢材が動いても

ボードの入隅は動かないようにと色々細かなきまり事があります。

生きてる木を使うと仕上がりはとても良いのですが、仕上げ等でも

大変気を使います。でもこのような家造りが減ってきている中で

やりがいや誇りを持って家造りに携わっていきたいと思っています。

IMG02459.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ