ただいま建築中

電気配線

2016.11.21

輪和建設の芦内です

広陵のリフォームの現場では、床フローリング張りがほぼ終わり、電気配線工事を行いました。

古い民家に多い竹小舞下地の土壁は新たに電気配線をする場合は、壁を一部ないし全面撤去する必要があったりで、新しい生活に則した電気設備・弱電設備の配置に対応するには厄介な事もよくあります。

ですが、既存位置のままだと、不便さが残ったり、必要な設備には足りなかったりするので、きっちりと計画し手間を惜しまずに施工いたします。

IMG_20161121_145322.jpgIMG_20161121_145412.jpg

エアパスグループ「秋の定例会」

2016.11.17

輪和建設の水本です。

11月14日(月)と15日(火)に、
エアパスグループの「秋の定例会」で
長野県の株式会社フォレストコーポレーションさんに
参加してきました。
なかなか他社の工務店の施工方法など、
聞く機会がないのですが、エアパスグループの
定例会では、本当に学ぶことが多いです。
又、モデルハウスも見学できて、
これからの工事にも活かしていきたいです。
株式会社フォレストコーポレーションさんの皆さまには、
大変お世話になり感謝しています。

IMG_20161115_112127.jpgIMG_20161115_112130.jpg

IMG_20161115_111110.jpgIMG_20161115_110045.jpgIMG_20161115_111405.jpg

既存梁の再利用。

2016.11.16

この前、予防接種で泣かなかった3歳のチビにびっくりした中西です。

今週から高安の家の解体工事が始まります。

今回の工事は蔵と納屋を取り壊し、離れを新築する工事です。

特に蔵はしっかりとした構造材が使われていて、一部を再利用する計画です。

単に、解体して処分するだけではなく、いいものはできるだけ活かしていく。

新しい家に、どう活かせばいいか、しばらくは悩みながらの解体工事です。

IMG_20160424_100330.jpg

外壁補修 左官工事

2016.11.15

輪和建設の芦内です

広陵のリフォーム工事では、サッシの取替えや一部新設する為に、外壁を部分撤去しました。

現在、その復旧作業中です。

大工さんが下地のバラ板(杉 小幅板)を補修した後、左官屋さんでモルタルを塗ります。良く乾燥させてから、外壁全体の塗装を行う事になります。

寒くなるとモルタルの渇きも悪いので、乾燥養生期間も長くなります。

IMG_20161115_101117.jpgIMG_20161115_100958.jpg

床板撤去工事

2016.11.12

輪和建設の水本です。

橿原市で、リフォーム工事をさせて頂いてます。
現在、1階の既存の床板をはがしています。
土台や大引の確認をしながら、基礎補強の計画を
しています。実際にめくってみて分かることも
あるので、状況にあわせながら進めています。
今日は、現場で、基礎工事の施工担当の方と
打合せをし、来週から、補強の基礎工事予定です。
IMG_20161111_151452.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ