ただいま建築中

明日は棟上

2013.12.11

輪和建設の鈴木です。

明日は炭山の現場で棟上です。天乾の材料を

積み込み完了です。天気にも恵まれて、

お施主様にとって良い棟上になるよう想いをもって社員一同

明日を迎えます。

IMG02154.jpg

土壁の家

2013.12.10

輪和建設 澤田です。

あやめ池の現場では、解体作業を進めています。
土壁の家のリフォームはやはり大変です。
既存のジュラク壁の塗り替えを行う所もあるのですが、長年家を締め切ったままの状態であった為か
壁にカビが出てきています。
塗り替えにあくが出ない様にまず、剥離材を塗り上塗りを落とします。
下地のなめし土を気づ付けないように丁寧に剥ぎ取り作業をします。
剥ぎ取った後、シーラー材を壁に塗ります。

剥離材は、水に粉入れるとゼリーのような感じになります。

おいしそうに見えますが、食べられません。

剥離作業.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

剥離材.jpg

屋根工事

2013.12.09

人ごみのトイザラスへ昨日行ってきた中西です。

冠山町の家Ⅱでは、屋根工事が進んでいます。

今回の色はギングロといわれる和瓦によく似た色のガルバリウム鋼板葺き。

エアパスの検査が無事終わった外壁の工事も今週から始まります。

悩んで決めていただいたことが、ひとつずつかたちになっていきます。毎日が楽しみです。

これからの悩みは松の化粧梁に塗装をするかしないか。

もうしばらく施主様と一緒に悩んでみます。

IMG_6582.JPG

IMG_6562.JPG

換気口

2013.12.07

輪和建設の林です。

炭山の家は大工さんの構造材の手刻みが完了し

エアパス工法に必要な換気口の造作に入りました。

換気口には手動で開閉できるダンパーが付いており

季節の変わり目で開閉をするのですが

虫や鳥が建物内に入らないように一つ一つ

ステンレス製の細かい金網を張っていきます。

手刻みの時のような匠の技は見られませんが

小さな虫が入らないように隙間なく丁寧に作っています。

20131207_113108.jpg

 


20131207_113125.jpg

 

炭山のいえ

2013.12.06

こんばんわ、輪和建設 小橋です。

炭山の家では、基礎工事が完了し土台伏せをさせていただきました。

大工さんが手刻みで加工した土台たちがピタっとはまっていく様はとても気持ちが良いです。

帰り際にお施主さまのお母様に「お疲れ様」と豚汁をごちそうになり生き返るようでした。

いよいよ来週は棟上げです。

CIMG3375.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ