ただいま建築中

お庭の植栽の選定

2013.11.25

輪和建設の鈴木です。

12月から始まる西大寺の現場で日曜日にお施主様と

お庭から残す植栽をお施主様と選んできました。

キンモクセイ、梅、サザンカ、ボタン、クロガネモチ、アスパラ

と、クスノキを移植します。以前住んでられた方が立派なお庭を

残してってくださったので良い木がたくさん残っています。

有効利用していきたいと思います。写真は梅の木です。

P7280345.JPG

御来場有難う御座いました。

2013.11.24

本日、昨日と沢山の方々に 矢田山町の家 完成見学会に御来場頂きまして誠に有難う御座いました。

また、お施主様に大切なお家を見学会に使わせて頂きました事に御礼申し上げます。

有難う御座いました。

新築されて以来、隠されて来た梁がロフトのデザインとして表舞台に立ちました。

住む人の心を癒し、これからもしっかりと屋根を支え続ける事と思います。

間もなくお引渡しです。

近隣の方々には工事期間中御協力頂きまして大変有難う御座いました。

ロフト.jpg

リフォーム完成見学会

2013.11.23

家にはトイザラスの広告がもう置いてあった中西です。

今日、明日と「矢田山の家」で完成見学会をさせていただいています。

天気もよく寒さも少し和らいだ一日で、お客様には、杉の床や漆喰、階段のひとつひとつ、ゆっくりと見学いただきました。

明日も見学会をさせていただきます。

予約制となっておりますので、ハガキをお持ちでない方は事前に連絡をお願いいたします。

IMG_6531.JPG

中間検査

2013.11.22

輪和建設の林です。

冠山町Ⅱの家では審査機関による中間検査を行いました。

事前に自主検査をしてるので指摘事項もなく合格証をいただきました。

検査員の話では構造用合板を使って火打梁を入れる工務店がかなり減っているそうで

床の下地や屋根の野地板に杉板を使う工務店はほとんどいないそうです。

耐震等級3を取得しようとすると構造用合板を使ったほうが設計も簡単にできるのですが

接着剤で貼り合せた合板の耐久性と安全性が疑問なので当社では極力使わないようにしています。

PB200151.JPGのサムネイル画像

矢田山の現場お手伝い

2013.11.21

輪和建設 鈴木です。

今日は先輩の澤田監督の現場に見学会前の準備でお手伝いしに行ってきました。

現場にいくのが久しぶりで完成間近の現場は見違えるようでした。

随所にお施主様のこだわりがあり、アプローチの洗い出し仕上げにガラスの箸置きが埋め込んであったり

キッチンの対面にはタイルがあったり、当社が施工させてもらった現場にもう一味加えて

もらったような楽しみが見ててありました。見学会ではお施主様の家をお借りしますが

見学していただく方の反応もすごく楽しみです。

IMG02052.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ