ただいま建築中

検査

2019.11.15

輪和建設の戌亥です。

先日、現在新築工事中の現場で建て方検査を行いました。

金物で耐震性を向上させています。

柱ごとに使用する金物が決められており、それが設計通りについているのか。

金物を止めるビスは既定のものが使われているか。

など、全数を検査しました。

工事が進むと見えなくなってしまうのですが、地震から中にいる人を守るとても重要なところにですので、第三者機関の検査と別で社内でも検査をしています。

これから工事が進んで行く中にも、エアパス検査や防水検査、木完検査など様々な社内検査があります。

末永く住んでいただけるよう、しっかりとした施工と検査を進めていきたいと思います。

IMG_20191113_090006.jpg

竣工検査とお引き渡し

2019.11.08

輪和建設の水本です.
奈良市右京でリフォーム工事をさせて頂いている
お住まいの竣工検査でした。大きな問題もなく
無事にお引き渡しができます。
工事に関しては、至らない点もありますが
全力でしています。
その中、御施主様から「思っていた以上の出来上がりで
ありがとうございます。」と言っていただき
本当に有難く感謝の気持ちで一杯です。
お引き渡しの後もメンテナンス等のありますので
引き続きしっかりした工事をしていきたいです。
DSC_0118.JPG

エアパスの屋根工事

2019.11.04

昨日最後の七五三(6回目)に行ってきた中西良行です。

法隆寺の家新築工事では、やっと天候に恵まれ、先週から屋根の工事が進んでいます。

屋根部分の断熱材の施工が完了し、エアパスの特徴である通気層の施工の確認に行ってきました。

断熱材、通期胴縁、防水テープ、コーキングと基準通り施工が進んでいました。

屋根下地工事が完了するまでもう少しです。この秋晴れが続くことを願っています。

DSC_2748.JPG

銅板葺き屋根

2019.10.23

輪和建設の戌亥です。

現在工事中の現場で銅板葺きをしています。

神社や仏閣などの緑色の屋根が銅板葺きです。

施工した当初はピカピカの銅なのですが、雨や日光により銅特有の緑青という錆により変色します。

住宅にも使用されているのですが、値段が瓦やガルバリウム鋼板に比べ高価、経年の劣化による雨漏りなどにより最近ではあまり施工することもありません。

しかし、瓦屋根の軒先部や玄関庇などに使用すると高級感が出て、雰囲気もぐっと締まります。

今回の施工に使用している銅板はステンレスが下地に使われていて、経年劣化による穴あき、漏水に強いものです。

11月の2日3日4日で開催します完成見学会と構造見学会で見ることができますので、ぜひご来場ください。

IMG_20190926_161918.jpg

リフォーム工事が始まります!

2019.10.05

輪和建設の水本です.
来週から法隆寺駅近くでリフォーム工事が始まります。
毎回ですが、工事が始まる前がとても緊張します。
図面が先に出来上がり、図面からイメージしていますが
実際に、工事前に事前にお住まいを見せて頂くと
もっと多くの気づくことができます。
安全第一での工事を施工し、近隣の皆様にも
ご迷惑のかからないように配慮していきたいです。
来年の1月末(外構工事も含めて)にお引き渡し予定です。
DSC_9175.JPG
私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ