ただいま建築中

外壁の確認

2019.08.21

台風のため、家でのんびり盆休みだった中西良行です。

塚口町の家新築工事では、台風の接近に伴い、足場のシートを束ねていました。

そのため、外壁の全体を確認できました。

木の色合いと、左官の外壁材はやっぱり似合いますね。

玄関周りとバルコニーにはもう少し木材が増える予定。

暑い中ですが、順調に進んでいます。

DSC_2460.JPG

外貼り断熱

2019.08.19

輪和建設の戌亥です。

現在工事中の現場で外壁の工事が始まりました。

昔ながらの土壁の家で、リフォームでよく使用されるグラスウールなどが使用できないため、外側に断熱材を施工する外貼り断熱を採用しています。

厚み5センチ程度のEPSという発泡スチロールのような断熱材を専用のビスを使用して留めています。

土壁の家は柱と柱の間が土壁のため、グラスウールなどを入れる隙間がなく、壁の断熱がなかなかできません。

※天井や床の断熱は可能です。

工事費は高くなりますが、外側をすっぽりと断熱材で囲むため、気密性の向上も見込めるため、効果はかなり高いと思います。

完成が楽しみです。

IMG_20190805_114030.jpg

クロス工事

2019.08.05

輪和建設の水本です.
奈良市都祁吐山町でリフォーム工事中です。
先週末からクロス工事が始まりました。
5月から工事が始まり、約3か月の木工事が
過ぎてのクロス工事です。
古民家のお住まいですので、木工事中には、
納まりや、施工方法などを、大工さんと
綿密に沢山の打ち合わせを、重ねながら
進めてきました。そのかいもあって
クロスを貼っていくとだんだんと、お部屋に
なってきて、嬉しいです。
また、クロス職人さんもベテランさんなので
安心して任せられて、この時はホッとします。
ただ、今月末に、お引き渡しなので、これからも
気を引き締めて工事を進めていきます。
DSC_0023.JPG

外壁の仕上げ方。

2019.07.29

先日ボウリングでスコア190だった中西良行です。たまたまです。

塚口町の家新築工事では、外壁の左官工事に向けて、ラス工事が完了しました。

最近の住宅では、減ってしまったラス工事、モルタルを現場外壁に塗り付けていくとき、

下地になる重要な工事です。

外壁を塗装ではなく左官しあげることで、いろんなテクスチャーを実現できます。

材料も、改善されており、昔は左官の外壁といえば、年数がたつとひび割れしていたイメージですが、

改善されています。

仕上がりを楽しみにしています。出来上がりはお盆明けぐらいかな。

DSC_2360.JPG

DSC_2365.JPG

DSC_2358.JPG

DSC_2364.JPG

エアコンの電気代

2019.07.25

輪和建設の戌亥です。

梅雨が明けましたね。

今までも暑かったですが、これからはもっと暑くなりそうです。

アパートに帰っても室内はムッとしています。

エアコンを使うにあたってよく聞く、入れたり、切ったりするよりずっとつけている方が電気代が安いと言われています。

当然日中家にいない場合は切っておいた方が安いです。

ではどれくらいの入り切りを行うと電気代がつけたままより高くなるのか...

ダイキンが実験をしていました。

30分程度の間隔で入り切りを行うとつけっぱなしより高くなるそうです。

30分以上の外出の場合にはエアコンは切っておいたほうが安いということです。

30分以上の外出でもつけておいたほうが、家に帰ったとき気持ちいいですが、生活のしやすさを取るか、電気代を取るか...

しかし、つけっぱなしが安いというのはあまり正しくなさそうです。

※使用する機器や外気、日射などなど...さまざまな要因で結果は変わります。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ