ただいま建築中

造園工事

2019.02.25

杉花粉の時期に気が重たい中西良行です。

昨年お引渡しさせていただいた富雄の家。

南庭の造園工事がもうすぐ完成です。

落葉樹の植え替え時期には一番いい時期の2月。

植栽も石も表情がきれいでリビングからの景色が最高です。

そのきれいさよりも、ほぼ人力で工事を進める

工事風景に感動を覚えます。

DSC_1549.JPG

地盤

2019.02.21

輪和建設の中西祥人です。

先日、現在着工中の現場でジャッキアップを行いました。

もとの地盤が少し弱かったのか隅の柱が沈んでいました。

家は柱と梁が繋がっており、一部の地盤が下がるだけで大きな影響が出ることがあります。

今は新築工事の場合だと必ず地盤調査を行い、結果によっては地盤補強を行います。

昔は田んぼを埋め立てたりすると地盤が弱いため、数か月から数年地盤が落ち着くのを待って工事をしたりしたそうです。

建物の構造はもちろんのことですが、地盤の重要性を改めて感じました。

写真はジャッキアップ完了後に上がった梁と壁のすき間を撮影したものです。

IMG_20190212_112505.jpg

雨戸の取付

2019.02.18

輪和建設の水本です.
斑鳩町でリフォーム工事をさせて頂ています。
既存のシャッターが設置していたところに、新たに、
3枚の引戸(防犯ガラス)と、雨戸を施工致しました。
今回の施工に関して、納まりなど、サッシ会社や
大工さん、板金・左官職人さんと、現地で打ち合わせを
重ねながら進めていき、無事に工事が完了して
感謝しています。
DSC_0014.JPG

改装工事の着工

2019.02.15

久々の歯医者、技術の進歩に驚きの中西良行です。

桜井の家改装工事が始まりました。

内装の解体工事をしてみると、建築当初の材料。

リフォームをした時の材料それぞれ壁や天井に隠れて

見れなかったものがわかります。

撤去するものは撤去し、残すものを確認していきますが、

心配していた構造材の傷みはあまりなく、そのまま使えるものが多くひと安心。

工事は順調に進んでいます。

DSC_1416.JPG

DSC_1460.JPG

2019.02.10

輪和建設の中西祥人です。

本日、八尾漆工芸さんという漆の施工をされている方との打合せに同席させていただきました。

私も何度か漆に触ったことがあるのですが、体質なのかかぶれがひどくあまりいい思い出がありません。

IMG_20190210_110113.jpg

写真のように様々な塗り方や下地の作り方を見せていただきました。

写真では黒の深みは伝わらないですが...

仏壇や寺社仏閣で多く使われているイメージがあるのですが、カシューという漆によく似た塗料がほとんどだそうです。

色味は似ているのですが、耐久性や深みは漆ほどではないそうです。

日本に昔からある技術が家づくりの中に取り込まれるのは、うれしいですし、毎日使うのも楽しくなりそうです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ