ただいま建築中

棚造作

2017.04.08

杉花粉が減りゆっくり寝れるのが、一番うれしい中西です。

先日、廊下部分に棚を作る工事をしました。

1日で工事が仕上げるために、建具は事前に作っていただいたものを

持っていき、寸法通りに杉板を組み立てていきます。

もちろん図面通りに施工できれば、問題ないはずなんですが、

広い場所に組み立てるのではなく、へこみ部分にはめ込む今回の工事。

正確に現地の寸法を確認しておくことが必要です。

そして、大工さんと打ち合わせ、実際の作業に取り掛かるまで、

約1時間、細かなところまで打ち合わせをして、作業スタート。

十分準備していたことで問題なく、夕方には完成しました。

IMG_20170407_103645.jpg

IMG_20170407_165802.jpg

内部工事、着々と。

2017.04.06

輪和建設の芦内です。

法隆寺北のお宅は、床のフローリングも張り終り、天井下地の野縁組を行っています。並びに、外壁の下地貼りに間もなく取り掛かります。もう少しで各部屋のボリュームが実感できます。お施主様はほぼ毎日大工さんの来る前、朝早くに屋内に入って眺めておられると聞きました。ここから先は一気に見え方がが変わる工程になりますので、どういう印象をお持ちになるか、楽しみです。

IMG_20170406_131320.jpgIMG_20170406_131301.jpg

薪ストーブの設置工事

2017.04.05

輪和建設の水本です

あやめ池でリフォーム工事をさせて頂いてます。
薪ストーブの設置工事が完了しました。
この薪ストーブは、アメリカ・ハースストーン社製の
ヘルゴン E-30 です。
デザインもシンプルで、美しいです。
写真は、慣らし炊きで、薪を燃やしている所です。
本格的に、活躍するのは、今年の冬のシーズンに
なると思いいますが、活躍が待ち遠しいです。

IMG_20170403_172043.jpg

新しい工事、始まります。

2017.04.04

今年は桜が遅く、入園式まで咲いてそうで喜んでいる中西です。

十津川の家新築工事が始まります。

今週末の地鎮祭が予定され、工事の準備も進めていきます。

歴史ある前の家に伺ったとき、夏だったと思います。

すごく心地よかったことを思い出します。

もちろん、冬は耐えられないぐらいの寒さだとも想像できましたが、

景色と空気と香り、家のもつ力を感じました。

また、お住まいされているお施主様の家に対する心遣いも。

新しく建てさせていただく家は、負けてられません。

気合が入ります。空回りしないよう慎重に頑張ります。

IMG_1564.JPG

主屋、蔵の外壁補修

2017.04.03

輪和建設の芦内です。

法隆寺北の現場では、本体工事と並行して主屋と蔵の外壁を補修しています。板張りが終わった後は漆喰塗りの工事です。主屋の方はほぼ完了し、蔵も蛇腹起こしの上部まで塗り終えています。下地の乾き加減や天候のとの兼ね合いで、少々手間が掛りますが、やはり左官の仕上げは味があります。将来も残っていってほしい技術だと切に思います。

IMG_20170403_133648.jpgIMG_20170403_133806.jpgIMG_20170403_134059.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ