ただいま建築中

配筋工事の難しさ。

2016.02.08

昨日は子供のダンスの発表会に行ってきた中西です。

交野の家新築工事では、基礎工事が進んでいます。

先日施主様の立会いのもと配筋検査を受けてきました。

問題なく合格でした。

もちろん鉄筋は簡単に曲げることが出来ません。

そのため工場で加工した鉄筋を、現場で組み立てるのですが、

手馴れた職人さんは約1日で組み立てします。

複雑に組んである部分は、施工が難しいんです。

施工を考え事前の加工が完璧だからこそ

出来上がりが綺麗になります。

コンクリートで見えなくなりますが、その綺麗さに感謝です。

IMG_0091.JPG

IMG_0097.JPG

漆喰塗りのアール壁

2016.02.05

輪和建設の水本です。

奈良市内でリフォーム工事をさせて頂いています。
室内の壁を、ほたて漆喰で塗っていきます。
この工事では、アール壁が3箇所あります。
アールの壁は、平面を塗るのとは違い、とても
手間暇がかかります。
特に、下地が肝心で、仕上がった時には、
下地は、見えなくなってしまいますが、
この下地の良しあしで、仕上がりが全然
変わってきます。
左官の職人さんが、丁寧な仕事をして頂き
いい仕上がりになると、思っています。

P1190383.JPGP1190387.JPGP1190593.JPG

浴室、後付手すり。

2016.02.04

昨日は家族で豆まきをした中西です。

昨年、改装工事をさせていただいた小泉の家で、

先日ユニットバスに手すりを2本追加させていただきました。

最初から施工しておく方法もあったのですが、

やはり、実際に使ってからのほうが

本当に必要な場所に施工できたと思います。

手すりなど、強度が必要なものを後からの取付するのは、

難しいかと思われる方も多いのですが、施工可能な場合が多いです。

玄関やトイレなど、お引渡ししてから施工することも。

お気軽にご相談ください。

IMG_4683.JPG

スパニッシュ

2016.02.03

輪和建設の水本です。

奈良市内でリフォーム工事をさせて頂いています。
ベランダの開口部に、飾りの面材が施工できました。
この面材は、鋳物タイプで『スパニッシュ』という
LIXILの商品です。
取付が完了すると、家の外観のデザインが、引きしまった
感じがして、ホッとしています。

P1190544.JPG

基礎工事の確認。

2016.02.02

明日は節分、太巻きよりサラダ巻きの中西です。

交野の家新築工事では、基礎工事が進んでいます。

道路と敷地の高低差があるため、基礎が高くなっています。

そのため、コンクリートを打設する工程も通常の倍の回数に分けての施工になります。

先日は道路側の部分のみの配筋検査。

ピッチや太さ、位置を確認していきます。

確認が終われば、型枠を組んで、コンクリートを流し込みます。

雨に打たれないようにシートをしてしばらく養生です。

コンクリートが固まれば、次の工程に移ります。

おかげさまで順調です。

IMG_4606.JPG

IMG_4613.JPG

IMG_5343.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ