ただいま建築中

15日は構造見学会

2018.07.06

暑くなり、冷たい麺類がおいしい中西良行です。

富雄北の家新築工事では少し雨が続き外回りの工事が進められていませんが、

内部では着実に工事が進められています。

断熱材の施工が終わり、窓も取り付けられました。

来週からは吉野のフローリングを施工していく予定です。

蒸し暑い中でも、作業を進めていただいている職人さんに感謝です。

15日(日)には構造見学会(施工途中の見学会)を開催させていただきます。

興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

DSC_0128.JPG

DSC_0121.JPG

古民家見学会

2018.07.05

輪和建設の中西祥人です。

先日古民家の改装をした現場で完成見学会をさせていただきました。

二日とも快晴で暑かったのですが、建物の中は南北に風が抜け非常に気持ちよかったです。

四間取りの和室と通り土間が南北に開けており解放感のある建物です。

写真の格子は視界を妨げるのを防ぎ、耐力壁の役目も担っています。

古民家は現工法で補強をかけると壁がかなり増えるため、限界耐力計算という方法で補強をしています。

古民家の改装を考えておられるお客様もご来場され、有意義な見学会となりました。

また、大事なお家で見学会をさせてくださったお施主様、ありがとうございました。

IMG_20180630_094908.jpgIMG_20180630_095059.jpg

木製カウンター

2018.07.05

輪和建設の水本です
大和郡山市でリフォーム工事をさせて頂いてます。
玄関に、はいってすぐの所に、カウンターを
取り付ける工事をしています。
木の皮がついていた部分を「耳」とか「のた」と
いいますが、自然の木にはなぜか、自然の良さの
味わいを感じます。壁は、漆喰で仕上げるので
完成すると一段と、引き立ってくると思います。
DSC_0013.JPG

癒される庭。

2018.07.02

明日は3:00起きで、寝不足予定の中西良行です。

先日研修旅行で鳥取県に行ってきました。

改めて、家には庭が必要なんだと感じました。

心が安らぐ家にするためには、少し暗めのゆったりとした部屋があり、

眺める明るい庭とそれを切り取る窓があるとすごく落ち着きます。

家づくりには部屋の広さや、収納の量、設備の使いやすさなど

考えないといけないことはいろいろありますが、

庭を中心に考えられたら、すごく贅沢だと思いました。

DSC_0060.JPG

石谷家住宅

2018.06.29

輪和建設の中西祥人です。

先日、協力業者会の旅行で鳥取に行ってきました。

その際、石谷家住宅という古民家を見学しました。

建築期間およそ十年という長い月日をかけて完成した建物です。

家を建てたのは石谷伝四郎という方で、鳥取県で山林の地主としてかなり有名な方です。

建物は松やケヤキ・桧・杉と様々な材が使用されていますが、玄関を入ったところにある高さ14mの吹き抜けにかかる松の梁は圧巻でした。

築90年の建物ですが、古く傷んだような印象は一切なく無垢材を使用した本物の家の良さを実感できる素晴らしい建物でした。

鳥取県に行くことがあればぜひ行ってみてください。

IMG_20180627_144528.jpg

IMG_20180627_140358.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ