ただいま建築中

カバー工法

2015.11.17

輪和建設の水本です。

奈良市内でリフォーム工事をさせて頂いてます。
屋根工事は、既存のカラーベストの上に、
耐食性に優れたガルバ鋼板と断熱材を
ひとつにした金属屋根材を施工します。
屋根の形が寄棟で、谷部分も多くあり、
板金工事の職人さんの技術が頼りです。
約2週間の工事期間を予定しています。

P1160642.JPG

P1160641.JPG

小屋裏撮影の難しさ

2015.11.16

輪和建設の林です。
監督が小屋裏の断熱材の施工状況を撮影していました。
事務所で保存データーを開けると何枚かピンボケの写真が入っていましたが
夜景の撮影経験がある人はお判りになるかと思いますが凄く難しいです。
・真っ暗でピントが合ってくれない。
・埃が多くフラッシュを使うと埃に光が反射して☆の様に映り込んでしまう。
・狭いのに奥行きがあるので手前の梁や束が邪魔になってしまう。
・☆が映り込まない様に照明を持ち込んでフラッシュなしで撮影すれは良いのだが
 照明では露出不足でシャッターの開放時間が長くなります。
 それで手振れを起こさない様にカメラを固定したいのに不安定な足元でそうもいきません。
カメラの知識がもっとあれば何とかなるのかもしれません。調べてみます。

P1160540.JPG

階段の施工。

2015.11.14

もう年末、そろそろ手帳を買いに行こうと計画中の中西です。

小泉の家の改装工事では階段の加工が始まりました。

大工さんはまず原寸大の図面を合板の上に描いています。

それにあわせて、桧の板を加工していきます。

特にまわり階段は施工が難しいところ。

慎重に工事をすすめていただいています。

IMG_3612.JPG

IMG_3617.JPG

IMG_3618.JPG

解体工事真っ最中

2015.11.14

輪和建設の水本です。

奈良市内でリフォーム工事がはじまりました。
新築工事とは、違いリフォーム工事の際
部屋の間取りの変更がある場合は、
既存の壁や天井を解体する作業から
始まります。既存の浴室にあるタイルや
立上りの基礎、それにキッチンのタイルを
はがしたり、ボードをめくったりと
一番汚れたり、埃が舞います。
解体したものを、土のう袋につめていきますが、
すでに200袋を超えています。
本当に大変な作業なので、大工さんには、感謝です。

P1160616.JPG

 

高性能建材補助金

2015.11.12

輪和建設の林です。
奈良市のリフォームの御家は既存のサッシを取り外し
断熱性能が高いサッシに入れ替えています。
国はこういった住宅が快適になり、省エネに貢献する建材にたいして
「高性能建材促進事業」を行っていて申請が採択された物件には
補助金が支給されています。
但し、申請した高性能建材が間違えなく建物に取り付けられているか
確認をとるために写真や出荷証明をまとめて提出しなくてはなりません。
申請の手続きや書類の作成、現場での証拠写真など手間が大変で
お施主様に補助金事業がある事を伝えない工務店も多いのが現状です。
もっと申請手続きを簡素化できればよいのですが
そうすると対象建材を割り増しして補助金を多く貰おうとする人も
出てくるので困ったものです。

P1160487.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ