ただいま建築中

伝統工法

2015.10.21

輪和建設の林です。
弊社の現場ではないのですが伝統工法で建てられている御家の基礎です。
ベタ基礎の上に花崗岩を据えてその上に土台と通し柱が石の上に乗ってきます。
伝統工法に近い構造で柱に貫を通して土壁造りになります。
土壁が変形する(崩れる)事で地震の力を逃がす制震構造で
在来工法の様に基礎と土台をアンカーボルトで締め固めていませんので
強い地震の場合は基礎と土台が滑る事で力を伝えない免震構造でもあります。
建築基準法では伝統工法は計算に表しにくいので新築では大変珍しいですね。

20150906_063600.jpg

防蟻工事

2015.10.17

そろそろ紅葉?地元の観光客が増加中の中西です。

小泉の家改装工事では、サッシの取付工事が進んでいます。

また、今日は防蟻工事も行いました。

輪和建設で使用する防蟻材はエコボロン、ホウ酸塩の防蟻材で、成分の揮発性がなく

安全かつ長期の効果が期待されています。

基本は外壁まわりの木材に地面から1mの範囲と内部の床下になる木材に噴霧していきます。

来週からは増築部分の工事に入っていきます。

IMG_3400.JPG

IMG_3401.JPG

IMG_3411.JPG

侘び

2015.10.15

輪和建設の水本です。

最近は、和の建築工事をさせて頂くことがあり
知っているようで、知らない『侘びさび』とは、
何かを考えています。
ある本に書いてありましたが
詫びの心とは「正直に慎しみ深くおごらぬさま」
そして「心の綺麗さ=心の豊かさ」だそうです。
また左右非対称の不揃いの美も、思いどおりに
いかないことを逆に最大限に生かしてること
だとも書いてありました。
やはり奥がとても深いとあらためて感心しています。
もちろん施工にいかしていきたいです。

P1140325.JPG

造作家具の検討

2015.10.13

輪和建設の林です。
カウンター下の奥行き15cmの空間に収納棚を設けます。
扉も付けるので少しでも奥行きの有効スペースをとれるように
扉の厚みをいつもより薄くしたり、スライド丁番やダウンステーなど
金物の可動部の動きを検討しながら美しく、使い勝手がよくなる様に
考えているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

PA110088.JPG

本宮の家、仕上げ工事

2015.10.11

寒くなっても、まだ半袖の中西です。

先週から、本宮の家新築工事は最終仕上げ工事をすすめています。

特に洗い工事をしていただくと、家の雰囲気が大きく完成に近づきます。

床や家具類の養生をはがすと

今まで見れなかった床材や家具が現れ、木の香りが一段と増してきました。

また、工事中の埃や汚れのついてしまった、ガラスを綺麗に磨いていただくと、

家全体が明るくなり、外の景色もより綺麗に。

来週には薪ストーブも設置予定。

楽しみです。

IMG_3383.JPG

IMG_3375.JPG

IMG_3373.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ