ただいま建築中

スパニッシュ

2016.02.03

輪和建設の水本です。

奈良市内でリフォーム工事をさせて頂いています。
ベランダの開口部に、飾りの面材が施工できました。
この面材は、鋳物タイプで『スパニッシュ』という
LIXILの商品です。
取付が完了すると、家の外観のデザインが、引きしまった
感じがして、ホッとしています。

P1190544.JPG

基礎工事の確認。

2016.02.02

明日は節分、太巻きよりサラダ巻きの中西です。

交野の家新築工事では、基礎工事が進んでいます。

道路と敷地の高低差があるため、基礎が高くなっています。

そのため、コンクリートを打設する工程も通常の倍の回数に分けての施工になります。

先日は道路側の部分のみの配筋検査。

ピッチや太さ、位置を確認していきます。

確認が終われば、型枠を組んで、コンクリートを流し込みます。

雨に打たれないようにシートをしてしばらく養生です。

コンクリートが固まれば、次の工程に移ります。

おかげさまで順調です。

IMG_4606.JPG

IMG_4613.JPG

IMG_5343.JPG

キッチンの壁にタイル。

2016.02.01

輪和建設の水本です。

奈良市内でリフォーム工事をさせて頂いています。
今回キッチンの壁にタイルを施工します。
ベースのタイルは、平田タイルのカラーパレット
で、ホワイト柄になります。
アクセントにも、平田タイルの Herb & Flower
(ハーブ&フラワー)を貼っていきます。
タイルを、貼っていく場合には、タイル割を
していかないと、きれいに納まらないのですが
計画通りに、タイルが貼れた時には、
ひと安心です。

タイル1.jpg

狭い範囲での作業

2016.01.30

輪和建設の林です。
本宮町の家は建物はお引渡が完了しているのですが
外構の門塀を施工しました。
門塀の素材は建物の外観と合わせて焼杉で仕上げます。
基礎は事前に設けており上部の木造を大工さんが
建物を建てる手順と同じように土台→柱→梁→胴縁→焼杉と
テンポよく施工していきます。
その間にインターホンや門灯の配線を追われるように施工します。
門塀はそれほど大きくなく、狭い範囲で施工しますので
異なる業種をタイミングよく施工順序を踏まないとゴタゴタに
なってしまいますが上手くいってなんとか当日中に完了できました。

P1290134.JPG

杉の天然乾燥の梁

2016.01.27

先日の寒波、雪が少ししか積もらなくて雪合戦は出来なかった中西です。

交野の家新築工事では、基礎工事と並行して、

構造材(柱や梁などの骨組み部分)の手刻みが始まりました。

その前に、納入された材料を確認。

いつも通りの材料に少し安心。天然乾燥の杉材は特に赤身が綺麗ですね

これから約一ヵ月、一本一本大工さんに加工をすすめていただきます。

よろしく願いいたします。

IMG_4669.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ