ただいま建築中

CS研修会

2014.11.01

輪和建設の林です。
今日は協力業者に集まってもらいCS研修を行いました。
いくら良い仕事、良い家を建ててもお施主様や近隣住民に
不満があれば次の仕事に繋がっていきません。
完成すれば同じ家でも清掃の行き届いた綺麗な現場で
そこで働く職人さんも清潔な服装でしっかり挨拶をすれば
一生懸命建てた家と建設会社の印象が全く変わってきます。
埃や音でご迷惑をかけている近隣さんは特にそうかと思います。
もともと弊社の職人さんは茶髪や迷彩柄の作業服とかはいませんが
より一層の努力をして顧客満足度を高めていきたいと思います。

CS.jpg

エアパス屋根施工中

2014.10.31

輪和建設の鈴木です。

 南永井町の現場では、棟上して4日目、

屋根の施工が順調に進んでいます。

断熱材、通気胴縁、シート、野地板全て

見えている写真がいいタイミングで撮れました。

明日からの三日間は雨模様。屋根工事はお休みにして

内部を進めるかもしれません。

外部養生しっかりしているのでお施主様にも

安心して頂けると思います。

DSC_0213.jpg

手刻み工事。

2014.10.30

先日、子供たちは友達の家でハロウィンパーティー、一人留守番だった中西です。

外山の家新築工事では、大工さんは一人で黙々と構造材の手刻み加工をしています。

土台・柱・梁と加工は続き、もう少しで完了です。

加工に入ってから約3週間。一本一本の木を確認し墨をつけ、加工して、最後にもう一度確認する。

土台・柱・梁など長短あわせて約200本の木が棟上までに加工されていきます。

 

IMG_9367.JPG

地上げに伴う計画変更申請

2014.10.29

輪和建設の林です。

外山の家では計画変更の確認済証が交付されました。
着工直前で地盤を30cm道路から上げる変更です。
敷地調査で役所が公表しているハザードマップを調べたところ
浸水エリアからは離れていましたが
お施主様から地元の情報で過去に浸水が一度あったそうです。
当時と違って公共の排水施設が整っているので
浸水する恐れはないと思いますが念の為の地上げです。

建物は殆ど変更はないので「軽微な変更」という
簡易な申請で済みそうなのですが地盤が一部上ることで
計算上の平均地盤面が発生し、当初の建築確認申請より
建物の高さが僅か78㎜高くなる事に・・・
法的に建てのもが高くなった場合は「計画変更の確認済証」が必要となり
逆に建物高さが低くなった場合は「軽微な変更」で済みます。
おそらく低くなるに事には近隣住民からの苦情がないからだと思います。

ちなみに「外山」は「とび」と読みます。

PA290420.JPG

南永井町、宵組~棟上

2014.10.28

輪和建設の鈴木です。

南永井町の現場では先週土曜日に宵組、月曜日に棟上を行いました。

土曜日は快晴、月曜は風、雨に途中見舞われ一時的には大変でしたが

無事、棟叩きもして頂き、棟上式も執り行う事が出来ました。

写真は土曜日宵組のスタートの瞬間です。

大勢の大工さんが一斉に散らばり、一気に構造材を組んでいく

姿は毎回迫力があります。

監督としては、安全に、怪我も無く、無事棟が上がりほっとしていますが

ここから、屋根仕舞、外部仕舞が進みますので一層気を引き締めて

頑張っていきます。DSC_0201.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ