ただいま建築中

エアパスの屋根工事

2014.12.05

寒くなり家では毛布が出てきた中西です。

外山の家新築工事では、屋根のエアパス工事が進んでいます。

エアパス工事といっても断熱材、通気胴縁、通気口などを施工し、適切な空気の流れを作るための工事です。

手馴れた手つきで、大工さんは施工を進めていきます。

それにあわせて、確認作業もすすめていきます。

棟部など断熱材の隙間にはウレタンフォームで埋めてあるか。

通気胴縁の位置や通気口の位置は正しいか。

シートは気密テープできちんと施工されているか。

上棟後順調にすすんでいて、今週中に屋根の下地の杉板も終わる予定です。

IMG_9676.JPG

IMG_9682.JPG

多くの人がチェックをする中間検査

2014.12.04

輪和建設の林です。

南永井の家では中間検査を行いました。
中間検査は主に構造をチェックしていきます。
筋交の配置や取付方法、柱の引き抜き金物の種類と配置、
梁の配置や大きさなどを一つ一つ確認していきます。
検査の事前に大工さんが確認、次に現場監督が確認
次に設計の私が確認をしてから検査員が確認しますので
不合格になる事はまずありません。
検査員も事前に蛍光ペンで検査の要点箇所をチェックしてから
検査に来ているみたいです。
こうして何人ものチェックが入って建物が出来ていくのです。
もちろん、中間検査は合格しました。

PB250662.JPG

東大阪の現場~地盤調査

2014.12.03

輪和建設の鈴木です。

昨日、東大阪の現場では着工前に地盤調査をさせて

頂きました。昨日から寒気が入り込んで急に冷え込み

朝、生駒の山を越える時1℃でした。

そんな中でも着工に向けて準備は着々と進んでいます。

明日は、水道業者さんと打合せ及び、仮設水道、仮囲い等

仮設工事進めていきます。

寒い日が続きますが、みなさんもお身体気をつけて下さいね。

DSC_0382.jpg

上棟と外部の左官工事。

2014.12.02

急に寒さが厳しくなりゆっくりお風呂がここちよい中西です。

外山の家新築工事では、無事先日上棟できました。

足場のためよくわかりませんが、、、大工さんが屋根の上で作業中。

風がきついため気をつけての作業です。

IMG_9678.JPG

IMG_9679.JPG

また、福住の家改装工事では、もともと木製建具の窓からアルミサッシへの取替え工事が完了。

外壁の傷んでいるところも、雨漏りの原因だった隙間もひとつひとつ確認しながら左官作業が終わりました。

冬場のため少し養生期間をおいて塗装作業にかかります。

IMG_9694.JPG

天候が工事に与える影響

2014.12.01

輪和建設の林です。

現場は天気の状況によって出来ない工事があります。
主に屋外で行う工事で塗装工事、防水工などは雨に塗れると品質が低下するので
雨の降る前から基本的には工事は中止になります。
また、高所作業の仮設足場の設置、屋根工事も滑ると危険ですので中止になります。
雨だけではありません。塗装工事や左官工事は室内でも湿度が高いと
塗ムラや定着不良などの不具合が生じる事があります。
コンクリートは気温によって硬化時間が変化します。
気温が低いと設計強度に達するのに時間がかかるので予め気温が低いときは
設計強度を上げて配合したりします。
明日から急激に気温が低下する予報が出ています。
工事もそうですが風邪をひかないように体も気を付けなければなりません。

写真は落ち葉掃除をしましたが掃いても掃いても限がありません。
ここまで落ち葉が降り積もると情緒がありませんね。
下の写真の程度の落ち葉がいいですね。

20141201_075812.jpg20141127_080206.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ