ただいま建築中

薪ストーブ

2017.11.18

輪和建設の中西祥人です。

最近12月に近づくにつれ、どんどんと寒くなってきました。

私は社会人になった際、大阪で一人暮らしを始めました。

大阪で生活するようになって、奈良よりも冬が暖かいと感じました。

その後、三重で生活をするようになったのですが、三重は年に一回か二回は雪が積もります。

大阪に比べると寒く、毎朝の車の霜取りが大変でした。

ただ、奈良は雪はあまり降らないのですが、三重よりも寒く感じます。

湿度が低いからなのでしょうか。

最近は会社の展示場の薪ストーブに火を入れることも多くなりました。

薪ストーブは火を直接見れるので、暖かく感じやすいですし、弊社の場合は現場で出た端材などを燃やしているのでエコです。

新しい薪ストーブは燃焼効率を高め、少ない薪で暖かくなるようにどんどん改良されていっています。

薪ストーブと聞くと黒い鋳物のイメージですが、石で作られているものもあります。

鋳物に比べて蓄熱能力が非常に高く火が消えてからも暖かさが長く持つそうです。

薪ストーブを検討されている方は参考までに見ていただければと思います。

階段取付中

2017.11.17

いきなりの冬の寒さに身体がついていけず、風邪気味の 輪和建設 芦内です。

二条町の新築現場では内部造作工事にかかっております。大工さんによる階段材の加工が終わり、取付のまっ最中。周り階段でストリップという難易度の高いもので、完成後が楽しみです。

IMG_20171117_115115.jpg

中間検査

2017.11.15

輪和建設の水本です

「枚方の家」新築工事では、先週に中間検査があり

無事に検査も合格できました。

今週からは、破風板と軒天の工事をした後

通気胴縁の取付工事になります。

季節も、秋から冬に近づき、外部工事は寒さが

厳しくなっていくので、職人さんには、

体調管理をしていただいて、施工を進めて頂きたいです。

IMG_20171109_081044.jpg

光の変化。

2017.11.10

最近、日暮れの早さに時間感覚がズレている中西良行です。

家の印象は1日の中でも時間によって印象が大きく変わります。

印象の変化には太陽の光を考えることが必要で、十津川の家では、

思ったより、北側の部屋が明るいことに驚きでした。

また、照明の計画によって夜の印象は大きく変わります。

光という形のないものをデザインすることはむつかしいですが、

不便ではないということだけでなく、陰影を創り出し、

印象を変える光のデザインのむつかしさを感じました。

IMG_20171105_171041.jpg

IMG_20171105_170251.jpg

IMG_20171105_171122.jpg

トイレ

2017.11.08

輪和建設の中西祥人です。

先日名古屋に研修に参加させていただきました。

研修会場が大名古屋ビルヂングのTOTOショールームだったのですが、そこでTOTOの新商品であるネオレストNXを初めて実物で見ました。

関西圏では大阪のショールームでは見ることができるのですが、奈良のショールームにはまだ設置されていません。

写真 2017-11-07 10 23 22.jpg

今までと違って後ろから見ても美しいデザインが売りだそうで、後ろに壁があるのがもったいないような...

特殊な形をしていますので、お値段もなかなかなものです。

(陶器で曲面を仕上げるのは非常に難しいことらしいです)

しかし、トイレは一人になれる貴重な空間とも言われていますので、トイレを検討中の方は一度見てみると面白いと思います。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ