ただいま建築中

限界耐力計算の為の再調査

2014.11.22

輪和建設の林です。

宇陀市の古民家を調査に構造の先生と行ってきました。
天井と厨子を撤去して上部に大空間を造る計画で
一般耐震計算や許容応力度計算では石場建ての
古民家には適応しにくいので限界耐力計算で
現状の耐震強度を算定と改装に伴う耐震補強を検討します。
よい結果が出る事を祈っています。

PB220639.JPG

瓦工事 大屋根解体

2014.11.21

輪和建設の鈴木です。

法隆寺で瓦の葺き替え工事をしておりますが

下屋、おち屋根の施工が終わり今日から大屋根の解体を始めました。

昨日あたりから日が照りだすと暖かく工事日和ですが、

来週火曜あたりから天気崩れそうなのでちょっと必死です。

なんとか月曜日中にバラ板とルーフィングの施工を終わらす事が最大の

目標ですので一生懸命頑張っていきます。

DSC_0339.jpg

基礎工事完了。

2014.11.20

クリスマスシーズンです、家におもちゃのカタログ(広告)が届いた中西です。

外山の家新築工事では、今日基礎の型枠を解体しました。

基礎の検査の最後は高さの確認、誤差2mmの範囲内になっているかを確認していきます。

明日からは水道工事。来週からは大工さんの工事が始まります。

順調に進んできた工事ですが、後は天候だけが気になります。

IMG_9601.JPG

檜皮葺

2014.11.19

会社で大神神社へ御祈祷に行った時に撮った屋根です。
檜皮葺(ひわだぶき)は社寺建築で見かけますが
一般住宅では不燃材でないので市街地(法22条区域)では
檜皮葺で建てる事は建築基準で禁止されています。
メンテナンスや費用面で檜皮葺をしたいと仰るお施主さまは
ほとんど居ませんが茶室に使いたいという時があるそうです。
市街地での社寺の檜皮葺は特例なんだと思います。
法律などの規制にはよく「但し書き」があって
「市長が認めた場合はこの限りでない」
などが条文にあったりします。

PB110442.JPG

板金工事前。ルーフィング施工

2014.11.18

輪和建設の鈴木です。

急激に寒くなって、灯油使えない賃貸住みには堪える季節になりました。

南永井町の現場では明日から屋根の板金工事が始まります。

施工前の屋根に上がってルーフィングの施工状況の確認です。

当社では フクビの遮熱ルーフエアテックスを使用しています。

ここまでしておくと雨の心配は無く現場監督としても天気の

心配事が緩和されてほっとできます。

これからは大工さんは外壁→サッシ取付→断熱施工と

進んでいきます。バタバタする年末が近づいてきますので

十分注意して現場進めていきたいと思います。

DSC_0297.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ