ただいま建築中

在来工法の浴室

2015.01.30

輪和建設の林です。

本宮の家はユニットバスではなく在来の浴室になります。
浴槽の大きさ、タイルの種類、防水の工法、排水計画、窓の高さなど
多くの条件と仕様が決まらないと基礎の高さや床の高さが決まりません。
基礎が決まらないと構造も進みません。
ユニットバスならサイズが決まれば特殊な条件がなければ
メーカーを変更したり仕様を変えることも可能なんです。
それと長期優良住宅なので維持メンテナンスが可能にするために
配管をコンクリートに埋め込めないので在来工法でもユニットに近い
造りになってしまいます。いつもとは違い図面がなかなか進みませんが
お施主様の要望を叶える為に頑張ります。

浴室図面.jpg

たくさんの職人さんで大賑わい

2015.01.29

輪和建設の鈴木です。

今日東大阪稲葉の現場では、大工工事及び、屋根では板金工事

下では給排水工事をして頂きました。

大工さん 1名、屋根板金工事 2名、給排水工事 2名

とお多賑わいでした。監督の私は、各業種ごとに工事内容

今後の工程等打合せと午前中バタバタしていまいましたが

雨が多い中でもとっても順調に進んでいっています。

各協力業者さんに感謝しつつまた明日から現場進めていきます。

DSC_0662.jpg←遮熱ルーフィング施工完了

  屋根材荷揚げ中

↓床下排水工事

   長期優良住宅仕様(メンテが容易な施工方法です)

DSC_0666.jpg

漆喰の塗り替え

2015.01.28

寒さ厳しくなり、コタツが恋しい中西です。(家ではコタツ禁止です)

福住の家改装工事では、2階の工事が進んでいます。

主な工事は漆喰の塗り替え工事。

左官の職人さんがこつこつと進めていただいています。

もともと緑色の壁の色が生成りの漆喰に、部屋の中ががらりと明るくなりました。

廊下の床板などは以前のままの予定でしたが、追加工事として新しく施工しようか

お施主様と相談中。もうしばらく工事はかかりそうです。

IMG_0568.JPG

IMG_0570.JPG

IMG_0574.JPG

中間検査は指摘なし

2015.01.27

輪和建設の林です。

稲葉の御家では中間検査がありました。
22日に自主検査をしているので現場は間違えなく施工しているので
検査員から指摘を受けることもなく無事に検査を終えました。

外壁の面材には構造用合板を使用しています。
N50の釘を150㎜間隔で柱・土台・梁に打ち付けて壁に耐震力を持たせます。
外部でも合板を使いたく無い場合には少し材料費は上がりますが
モイス(パルプ混入けい酸カルシュウム板)を使用します。

P1221310.jpg

屋根野地板施工

2015.01.26

輪和建設の鈴木です。

先週金曜日大工さんに屋根の杉の野地板を張ってもらいました

土曜日には屋根の防水の為のルーフィングの施工もでき

今日の天気でも雨や濡れたりの心配がなくなりひと安心です。

今週は大工工事はもちろん明日は第三者機関による中間検査

木曜からは屋根の板金工事が始まります。あと一つ嬉しい事が

現場の前を通る方から「木のいい匂いするねえ」と言われました

私にとってはうれしい言葉のうちの一つです。そのように言ってもらえる

現場作りを続けていけるよう頑張ります。

DSC_0636.jpg←杉の厚さ12mmの相しゃくり板

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ