ただいま建築中

石の工事

2016.12.21

車の冬支度スタッドレスではなくチェーンを準備した中西です。

交野の家新築工事では、じっくり検討されていた玄関廻りの、

石を施工いたしました。

今回の小さな石は30cm角のメッシュにあらかじめ石が

貼り付けられています。それを並べていく感じで施工していくので、

石工事とはいっても、御影石や乱形の石貼とは違い施工も短時間で

コストもある程度抑えられます。

土や砂利、植栽(芝生など)。コンクリート、タイル、石などなど

玄関のアプローチを仕上げ方にはいろいろありますが、

なかなかいい感じに仕上がっています。

IMG_20161219_164720.jpg

IMG_20161219_164703.jpg

足場を外しました

2016.12.20

輪和建設の芦内です。

広陵のリフォーム現場は、外壁の塗装を終え、樋も掛け直して、屋根瓦の漆喰補修も完了したので、外部の足場を解体して建物がすっきりと姿を現しました。外部はあと給排水の工事が一部と、足場があると出来なかった外壁の仕舞をするだけです。内部は今クロス下地のパテ塗りを行っています。左官の漆喰下地塗りも間もなく始まります。ここから年末年始を挟んであと一ヶ月ちょっと、急ピッチで完工に向けて進んでいます。

IMG_20161220_093230.jpgIMG_20161220_110031.jpg

桧の柱

2016.12.16

輪和建設の水本です。

橿原市でリフォーム工事をさせて頂いてます。
少し以前の写真にはなりますが
工事で使用する桧の柱です。
1トと書いてあるのが、1等材で
上にのっているのは、化粧の柱です。
上小節での、発注ですが、ほとんど
無節に近い、とても美しい柱です。
桧材は、天然乾燥した吉野の川上産です。
今は、この柱を加工して取付たりしているので、
現場の中は、桧のいい香りがしています。

IMG_20161130_161420.jpg

塗装工事のむつかしさ。

2016.12.15

今月イベントが続き、ケーキに喜ばない我が子に少し複雑な中西です。

豊中の家に伺うと、約1か月前に塗装した木の塀の色が落ち着いてきて、

少し濃くなって、家全体の色合いもバランスが良くなった気がします。

どうしても、木の色は年月とともに変化するのを基本に考えておかなくては

なりません。また、少しづつですが外壁の吹き付け材料や金属の塗装も少しづつ変色します。

それがむつかしいところ。

また、木部の塗装は次回塗り重ねるときに、薄い色はむつかしいため、

同じ色か、より濃い色を塗装することになります。

ウッドデッキなど定期的に塗装するものについては、

悩まれるなら薄めの色で仕上げてみるとうまくいくかもしれません。

IMG_20161208_093748.jpg

IMG_20161208_093753.jpg

IMG_20161208_093803.jpg

屋根瓦の漆喰補修

2016.12.14

輪和建設の、古民家鑑定士のひとり、芦内です (^^)

広陵のリフォーム現場で屋根瓦の破損部やり替えと漆喰の取れてしまっている部分の補修を行いました。

昔ながらの土葺の瓦屋根、こういう部分を放置しておくと雨漏りの原因になる恐れがあります。瓦そのものは耐久年数の高い優良な屋根葺材ですが、それに付随する各部はある程度の年数毎に、点検・補修をする事が望ましいです。家を長持ちさせるには、やはり時々は手を掛けてやるのが良いと思います。その都度に費用はかかりますが、家を長持ちさせることで結果的にはコスト・パフォーマンスは上がる事になります。

IMG_20161214_111521.jpgIMG_20161214_111357.jpgIMG_20161214_111933.jpg

IMG_20161214_111607.jpgIMG_20161214_152012.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ