ただいま建築中

屋根の断熱材工事

2017.02.21

ひな人形が飾られ、家の中も春らしくなってきた中西です。

高安の家新築工事では、屋根の断熱材を施工しています。

垂木の間にポリスチレンフォームを入れていくのですが、

隙間がないようにピッタリに加工されていて、入れていくのも大変なんです。

断熱材の施工が終われば気密テープを貼って完了。

明日からは、エアパスの特徴である、2重通気層の外部の施工をしていきます。

IMG_20170221_163240.jpg

IMG_20170221_163255.jpg

土台伏せ

2017.02.18

輪和建設の芦内です。

法隆寺北の新築現場では土台敷を致しました。 基礎の上に番付け通りに組んでいき、アンカーボルトで緊結します。エアパス工法は床下の外気取入れを、ダンパー付の床下換気口で季節毎に調節するため、基礎と土台の間に入れて通年で床下の通気をはかる基礎パッキンを入れません。その為、土台がコンクリートと接する下面及び側面2面は木材保護塗料の柿渋コートを塗っています。ですから、材は桧ですが、3面は茶色く見えます。コンクリートは暫く水分を放出しますので、この塗料を塗る事で土台への含浸を防ぎます。

こういうひと手間が家を長持ちさせる基本かと思います。

IMG_20170218_104552.jpgIMG_20170218_104543.jpg

棚板の取付

2017.02.18

輪和建設の水本です

橿原市でリフォーム工事をさせて頂いてます。
ボード貼りの工事が、順調良く進んでいます。
この、棚板はボードを貼ったり下地を作る為に
一度はずしたはずしています。その棚板を再度
元のように取りつけてもらっています。
出来上がった状態では、当たり前に見えますが
取りはずすのに、釘やビスをぬいたり
取付寸法が変わるので、板などを鉋でけずって
調整してもらっています。
いつもながら、さすが大工さんなので
綺麗に仕上がっています。

P1260067.JPG

宵組(よいぐみ)。

2017.02.17

バレンタインデー、おいしくチョコをいただいた中西です。

今日から高安の家新築工事では、レッカーが入り上棟に向けて

宵組が始まりました。

あいにく、雨が降ったり、やんだりの天候の中でしたが、

大工さんに手刻み加工された柱や梁が組みあがってくると、

不安が吹っ飛び、うれしくなります。

リビングに見えてくる、新旧の松の丸太梁も無事おさまりました。

明日は天気が回復に向かう予報。

安全第一で作業を進めていきます。

IMG_2674.JPG

IMG_2679.JPG

丸太梁を洗いました。

2017.02.16

輪和建設の芦内です。

今日は春を思わせる陽気でしたね。 この暖かさを待っていました。と言うのも、法隆寺北の新築現場で再利用する、元あった納屋から取り出した丸太梁(新築では母屋という屋根の垂木を受ける横架材に転用します)を水洗いして、積年の埃などを落としきれいにする作業を、寒さのせいで延ばし々にしていたのです。今日は絶好の洗い日和(^^)  ブラシでゴシゴシ汚れを落とすと、見違えるほど綺麗になりました。色合いも程よく見栄えのいい色です。お施主様の古い材料もできるだけ使ってほしいというご要望に、少しは答えられたかなと思います。

IMG_20170216_173152.jpg奥の梁が洗い前の状態です。埃と土壁の土でだいぶ汚れていますが、

洗うと手前のように綺麗な色に!

 

 

 

 

IMG_20170216_173138.jpgこちらはリビングの上に表しになる化粧梁です。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ