ただいま建築中

とても気のはる仕事

2014.07.09

輪和建設 澤田です。

床の防滑塗装しあげをさせて頂きました。
クリアーな仕上がりで下地の素材が活かせる塗料です。
それだけに下地をキッチリと仕上げておかないと目についてしまいます。
土足厳禁は言うまでもありません。
防水モルタルの仕上げにキズを付けてはいけません。
汗を落としてはいけません
上履きでもゴムの靴底は使用不可です。
嫌がられる程に管理しなければダメな代物です。
でも流石に防滑塗料です。
見た目は変わりませんが出触りはざらざらで滑りにくそうです。

 

tosou.JPG

京都迎賓館に使われた川上村の吉野杉

2014.07.08

輪和建設の林です。

輪和建設35周年感謝バスツアーで川上村に行ってきました。
樹齢300年の吉野杉の切り株です。

平成17年に建設された京都迎賓館の天井仕上げに使われたそうで
宮大工さんが川上村に来て切り倒す前の原木から選んだそうです。
そうして厳選された原木から節のない美しい杉板が採れ
海外から来られるお客様をお迎えしています。

日本の文化を象徴する建物に使われたということは
日本を代表する杉ということです。
そんな杉を住宅に使わさせてもらっている事に感謝です。

P7061322.JPGbkg04.jpg

風流人

2014.07.08

輪和建設 澤田です。

今日は七夕

あいにく天気は良くありませんが

天の川が輝いています。

浴衣を着てうちはで顔をあおぎながら川べりの散歩もいいものでしょうね


image.jpg

輪和建設35周年感謝ツアー

2014.07.07

輪和建設 鈴木です。

昨日 7月6日 輪和建設35周年を記念してOB様と一緒にバスツアーにて川上村に行って

まいりました。みなさん御忙しい中たくさんの方が参加して頂きありがとう御座いました。

ツアーで色々な施設や昼食会や温泉等も巡りましたが、私が一番印象に残ったのは

樹齢300年を超す杉の人口林で川上村の方から木の説明を受けている時のみなさまの

表情でした。御存じの通り当社は構造材をはじめ殆どの木材を川上村から仕入れています。

OB様のお家もここの木を使って建てたんだと実感し、どのように木を育て

山を守っているのかを、本当に熱心に聞いていただき

本当にここを行程に組み込んで良かったなと思いました。

「今でも快適に過ごしている」、「夏にクーラー使った事ない」「輪和さんで建てて良かった」

OB様に感謝の気持ちを込めて企画してツアーなのに最後は私たちがそのような言葉を頂き

本当に嬉しかったし、今の家造りにより一層磨きをかけていこうと思いました。

今後もメンテナンスだけではなく、様々なイベントを通してもOB様と

交流を続けていきたいと思っておりますので

よろしくお願い申し上げます。

IMG02714.jpg

水槽の設置工事

2014.07.05

チビたちはもうすぐ夏休み。いろいろ計画中の中西です。

先日から、畠田の家改装工事をさせていただいています。

今週はリビングとDKの間にある壁を撤去し、水槽を設置するためのカウンター工事です。

水槽の重量(約500kg)を支えられるよう、床補強しながら工事をすすめています。

床下では、水槽のための排水工事。基礎の一部に穴を開けて配管をしていきます。

上に柱がなく、鉄筋がない部分を確認しながら慎重に作業を進めています。

来週からは2階の改装工事の予定です。

DSC_0161.JPG

1404556306001.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ