ただいま建築中

構造見学会に向けて軸組模型作成スタート

2014.05.27

輪和建設の鈴木です。

今週末の構造見学会に向けて、吉野材の構造をより良く知ってもらうため

軸組模型を作成することにしました。1/20で杉の端材をプレーナーで削り

柱、梁等先日からつくりはじめ、本日着工しました。

久しぶりの模型作りで四苦八苦しそうですが、お客様にわかり易いように

がんばります。また途中経過アップするようにします。

IMG02611.jpg

便利さとは豊かさとはを考えなおすひと時

2014.05.26

輪和建設 澤田です。

 

IMG_2379.jpg

 

 

 

 

 

 

 


先日、大和民族公園にある古民家でおくどさんで炊いたご飯を頂きました。

はじめちょろちょろ、なかぱっぱ

IMG_2373.jpg

 

 

 

 

 

 

 


 火がいこるまで時間が掛かりますが、蓋から湯気が立ち込めたら

火を出してしばしの我慢、蓋を開けずにじっと我慢

おいしそいご飯が炊けました。

IMG_2376.jpg

 

 

 

 

 

 

 


 小さい頃にあった親戚宅にあったおくどさん

叔母が火を見ながらご飯を炊いていた記憶がよみがえります。

便利さを捨てると、昔の様に時間がゆったりと流れるのでしょうね。

 

 

当たり前と思って気が付かない事

2014.05.25

輪和建設の林です。

モデルハウスに見学に来られたお客様に
2階の天井に設けている40cm四方の
ガラス窓について何のための窓なのか
尋ねられる時があります。
通常お客様の家には設けないのですが
モデルハウスには小屋裏換気ダンパーが
見える様に天井にガラス窓を設けて
エアパスの仕組みが見えるようにしているのです。
小屋裏換気ダンパーは家の外から見れば
開閉しているのを確認できますが
室内からはワイヤーの固定位置でしか
確認できません。
お客様からすると本当に開閉できているのか
ワイヤーの固定位置でだけでは不安かも知れません。
お客様の要望があれば確認用の小窓を
設けてもよいのではと思いました。

P5250550.JPGのサムネイル画像

構造見学会に向けて。

2014.05.24

天気がいい日曜日、明日も家族でお出かけ予定の中西です。

『車町の家』新築工事では、構造の検査も合格し、窓と断熱材の施工がほぼ完了です。

写真でピンク色に見えるのが、ポリスチレンフォームの断熱材、屋根や壁に施工されました。

木材の隙間にあわせて現場で加工しますが、結構たいへんな作業です。

また、どうしても隙間があいてしまったところにはウレタンフォームで補修作業をいたします。

ちょうど、6月31日(土)7月1日(日)の見学会には構造材だけでなく、断熱材の施工状況も見ていただける予定。

来週からは外壁工事や電気工事も始まります。おかげさまで順調です。

IMG_8419.JPG

IMG_8420.JPG

良い現場つくりのための安全大会

2014.05.23

輪和建設 鈴木です。

本日午後に協力業者様、及び当社スタッフにて安全大会を

斑鳩ホールで行いました。

今回は安全はもとより、現場環境のお話を重点的にさせて頂きました。

やはり建築現場であっても美しく、安全な仕事場にしたい

それがお施主様の為でもあることを全員が共有できたかなと思います。

これから暑い時期もあり、現場での事故等に更に気を気を使う時期です。

安全第一でしっかりやっていきます。

P5230539.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ