ただいま建築中

建物を支える基礎の配筋検査

2014.04.08

輪和建設の林です。
車町の家の配筋検査に行きました。
JIOの検査員は今回が初めてお会いする方で
どうやら設計事務所の建築士が瑕疵担保保険の資格を
取得し検査員として仕事を受けた方らしく
Gパンに作業服を羽織ったラフな服装でしたが
設計事務所が行う検査の方が建築に詳しいので
通常の検査員よりいろいろ指摘をする人が多いのですが。
ばっちり職人さんが仕事をしていますので
何の問題もなく検査には合格しました。
会社の作業場では棟梁が土台の墨付けと刻みが始まっています。

P4070195.JPG

暖かみのある仕上げ材

2014.04.07

輪和建設の鈴木です。

宇治炭山の現場では仕上げの工事も始まっています。

主な仕上げの仕様は天井 和紙張り 1階壁 漆喰 2階壁 和紙となっています。

現在は2階の和紙張りが進んでいます。梁や火打の絡む場所は貼りにくそうですが

頑張って施工すすめて頂いています。

お施主様にも見て頂いたのですが、柔らかさや暖かみの感じられる仕上げに

喜んで頂けています。じき1階の漆喰左官工事も始まりますので

またUPしていきたいと思います。

IMG02484.jpg

木工事が完了 ウッドデッキはやはり便利です。 

2014.04.05

輪和建設 澤田です。

東九条町の現場では、本日 木工事が完了致しました。
最後の大工工事は内部の詰め工事とあわせてウッドデッキの取付を行わせて頂きました。
リビングルームにウッドデッキを設け洗濯物を干す事が出来るようにとテラス屋根と竿掛けを
取付させて頂く予定です。
内部工事は左官工事・クロス工事にバトンタッチです。

wood.jpg

基礎工事着工

2014.04.04

雨上がり綺麗な虹を発見した中西です。

車町の家では地盤改良工事が行われ、引き続き基礎工事が着工しました。

奈良盆地の平地では、必要な地耐力(建物を支える地盤の強さ)が弱い地域が多く、今回は湿式柱状改良を行いました。

合計33本の杭で建物をしっかり支えます。

IMG_8021.JPG

IMG_8036.JPG

即興でパースが描ければ戦力アップ

2014.04.03

輪和建設の林です。
久しぶりに手描きのパースを描きました。
建築関係者なら図面を見れば頭の中で立体的にイメージ出来るのですが
図面に見慣れていないお施主様はなかなか立体的にイメージするのは
難しいと思います。
細かい納まりなどは表現できませんがパースを見て頂くのが
一番伝わりやすいと思います。
いつもは3次元CADで図面を描いているので簡単にパースを作れますが
今回は2次元CADで描いたため手描きパースになりました。
手描きパースは消点に向かって奥行きを描くのですが
私は奥行き深さを感覚で描いています。
正確さは劣ってしまいますが技法に従って描くと時間が凄くかかります。
打ち合わせの時にフリーハンドで素早く見栄えよく描けるように普段から手描きも練習しないといけませんね。
P4030189.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ