ただいま建築中

吉野杉の1等フロア材

2014.03.06

輪和建設 鈴木です。

宇治、炭山の現場ではまだ雪が降ったり、積もったりの中

現場を進めています。1階では先日1階床の施工が終わりました。

2寸角芯持ち桧の根太の上に30mmの杉の一等材を張っていきます。

張ってはすぐ養生をしていくので完成まではフロアを見るのはしばらく

お預けになりますが、養生めくった時にまた美しい姿を見せてくれます。

やはり足で歩いた時の感触は柔らかく温かみがあって格別です。

柔らかく、傷はつきやすく、色も変化していきますが

その変化をた楽しめる材なので新築やリフォームを検討の方は

是非使って見てください。

IMG02406.jpg

また逢う日まで

2014.03.04

輪和建設 澤田です。

東九条町の現場では床貼り作業を行ってもらっています。

広い続き間が有る部屋の床は区切りが無く連続している為に通りを確認しながら一枚一枚貼って行きます。
フロアー材の選定、色合わせ、納まり具合を考慮ながら、養生シートの分だけ貼っては、養生をしてまた作業をする。
とても気の使う作業です。今度、板を見る時は竣工時の洗い工事の時です。それまで、養生の下に守られています。

 

uka.jpg

『冠山町の家Ⅱ』完成

2014.03.03

そろそろ花粉症気味の中西です。

先日『冠山町の家Ⅱ』の完成見学会が無事に終わり、明日御引渡しを迎えます

見学いただいた方々からは、坪数より広く感じると声が上がっていました。

細かな細工の天井や、丸太の加工、カウンターの材料から照明ひとつ、時間をかけて打合せさせていただき、作り上げることができました。

それぞれに、施主様の思いと職人さんたちの心遣いがこもった家です。ご協力いただいたすべての方へ、本当にありがとうございました。

IMG_7668.JPG

IMG_7648.JPG

IMG_7650.JPG

IMG_7658.JPG

車町の地鎮祭

2014.03.02

輪和建設の林です。

車町の家の地鎮祭を行いました。
前日の雨が上がり、気温も穏やかな中、無事に行えました。
雨上がりで地面は少々ぬかるんではいましたが
宮司様が「雨降って地固まる」と言って頂いて助かりました。
今までに多くの地鎮祭を見てきましたが今回の地鎮祭を行って
下さった郡山八幡神社の宮司様はすごく丁寧で
式の最後にはお寺の説法のようなありがたい教えもいただいて
形式だけでないお施主様の幸せを願っているのが伝わる宮司様でした。
営業で「地域密着型」ってよく聞きますが、神社やお寺はまさに
地域密着なのでこの気持ちがこもった地鎮祭なら
また何かお祓い事などがあればお願いしたいと思う丁寧さでした。
地域密着型の工務店としても見習う事が多かったです。
そんな機会を与えて下さいました。お施主様ありがとうございます。
これからの始まる工事も丁寧に行い喜んで頂ける家造りをしていきます。

P2280442.JPG

木が生きてる事を実感

2014.03.01

輪和建設 鈴木です。

 先日お引渡ししてから半年の検査に行ってきました。

たった半年なのに桧の大黒柱の背割れがもうこんなに開いています。

引渡し前に埋め木して隙間をなくしたのに・・

施工側からするとじっとおとなしくしていて欲しいのですが

本当に生きている木の凄さを改めて感じました。

IMG02402.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ