ただいま建築中

予想通り。

2017.07.28

毎週どこかの夏祭りに参加してる中西です。

豊中の家改修工事では、解体工事が始まっています。

内装の仕上げ材を解体してみないと柱や梁の構造躯体が

どうなっているのかは見れないので、

事前に調査できない場合、構造躯体は予想してプランを考えます。

(場合によっては、一部の解体工事だけ先行して、その後プラン打合せします)

移動したい柱は移動できましたが、なくしたかった柱は

なくせませんでした。今回はどちらもほぼ予想通り。

施主様とも確認して予定通り工事を進めることができそうです。

IMG_20170726_144803.jpg

IMG_20170726_144806.jpg

足場が取れました

2017.07.26

 腕だけ真っ赤に日焼けして、お湯を浴びるとヒリヒリするし、寝る時も火照ってなかなか寝付けません。毎年、夏恒例ですが、何とかならんかなと思います。水本さんがブログにUPしていた空調服、私もほしいと思っているのですが、いかんせんや高額で...

 相楽台のリフォーム現場は、足場がはずれてスッキリ! 壁は新たに塗装し直しましたが、以前の色合いとほぼ同じの為おNewな感じが出てませんが、補修した屋根漆喰が際立ち、大きめの意匠性の高い樋とあいまって屋根はすきっとしたように思います。 内装仕上げも完了し、後は設備の仕上げと美創を待つのみです。

IMG_20170725_142504.jpgIMG_20170725_142601.jpg

外部での作業

2017.07.25

輪和建設の水本です

夏真っ盛りの中で、作業されている
職人さん達は、本当に大変だと思います。
私達、監督は立っているだけでも
汗がでてきますが、職人さんは、もっと
暑いと思います。
扇風機の付いた服がありますが(空調服といいます)
当初見たときは、動きにくいのかなと
思っていましたが、そんなことはなく
また、デザインも色々あって、この季節には
私も着てみたいと、内心思いました。

IMG_20170722_131443.jpg

リフォーム工事開始

2017.07.22

夏休み、お盆までの子供の予定が結構詰まっていて驚いた中西です。

高安の家のリフォーム工事が着工いたしました。

歴史ある家で、大きな梁や柱が使われています。

まずは解体工事をさせていただくのですが、

解体していくと、もともとの材料、1回目のリフォームの材料、

2回目のリフォームの材料と違いがあり、

その時に応じて改装された歴史がわかります。

解体が終われば、まずは床から施工を進めていきます。

IMG_20170718_172835.jpg

IMG_20170720_075721.jpg

瓦屋根のメンテナンス

2017.07.19

熱帯夜に無謀にも扇風機のみで抗う、芦内です。

相楽台のリフォーム現場で屋根瓦の漆喰の補修をさせていただきました。瓦そのものは非常に耐久性のある優れた伝統健在ですが、要所々に使われる漆喰は瓦ほどには耐久性がありません。又、屋根という風雨にさらされる場所に施工されていますので、やはり数十年たつと劣化し、剥離したりしてきます。それを放置しておくと、雨漏りなどの原因になる事も。家を長持ちさせるには、やはり定期的に点検とメンテナンスをすることが肝要だと思います。

IMG_20170707_090036.jpgIMG_20170707_090054.jpgIMG_20170718_134725.jpgIMG_20170715_165030.jpg

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ