ただいま建築中

土壁

2013.08.26

こんにちは輪和建設の林です。

小屋裏に入って土壁の上部を撮った写真です。

土壁には構造的には貫を上下端部と中央部と入っているので 土壁が落ちることはないのですが

貫の入っていない小壁の土壁がどうして抜け落ちないかご存知でしょうか。

①小舞竹を曲げて柱の溝に差し込みます(赤丸部分)。

②差し込まれた竹にわら縄で細かく並べた竹を締めます。

③壁土を塗り込みます。

壁土が乾燥したら竹が曲がらなくなるので溝から抜けず落ちないのです。

釘もビスも使わずに壁を固定する先人の知恵ですね。

P8260040.jpgtutikabe.jpg

お引渡し

2013.08.24

輪和建設 澤田です。

いよいよ法隆寺南の現場のお引渡しです。

新しいお住まいでの生活が間もなく始まります。

おめでとうございます。

近隣の皆様には工事期間中ご協力頂きまして誠に有難う御座いました。

minami(640x480).jpg

写真は内覧会の風景です。

展示方法もあれこれ検討を行っています。

 

 

完了検査

2013.08.23

こんにちは輪和建設の林です。
大福の家を公的審査機関の完了検査を受けました。
今回の検査員は初めての方でした。
外回りを検査した後、家に入った瞬間に
「よい木の香りがしますね。」
「床も建具も本当の木で造られいるのですか」
「沢山の家を検査していますが最近、こんな立派な家は見ていませんよ」
またうれしい事を言って頂きました。

ほんとうにこんな立派な家を建てられたお施主様に感謝です。
検査はもちろん何の問題もなく検査済証を発行して貰いました。

P8230020.JPG

小泉町のいえ

2013.08.22

こんにちは、輪和建設 小橋です。

小泉町のいえでは仕上げ工事の真っ最中。

ほたての貝殻を砕いた「ほたてしっくい」を塗っています。

お施主さまの選ばれた土佐和紙の天井とも良く合っています。

CIMG2742.JPG

お引き渡し直前

2013.08.21

輪和建設の鈴木です。

今日は事務作業と先輩の澤田監督の現場でお手伝いをしてたので

法隆寺南のお引き渡し直前の現場写真を載せました。

仕上がりももちろんですが、御施主様の選ばれたダイニングテーブルが

さらに引き立てくれています。

今週末のお引き渡しが御施主様にとって素晴らしい一日になるよう

スタッフ一同楽しみにしています。


RIMG3578.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ