ただいま建築中

いきなり寒くなってきました!

2016.11.05

輪和建設㈱の芦内です。

急にぐっと冷え込みましたね。昨日は慌ててストーブを引っ張り出して火を点けました。

で、今朝はこの快晴!

IMG_20161105_074825.jpgIMG_20161105_074843.jpg出勤途中の富雄川の堤防から観た空は

雲一つ無い快晴でした。

朝の冷え込みは、放射冷却が大いに関与した模様(笑

さて、その寒さを凌ぎ、夏の暑さを和らげる為、現代の住宅には欠かせない断熱材も、古い住宅・古民家などでは入っていない事が殆どです。

壁は小舞の左官仕上げであれば入れ込めないのは致し方無く、その代りに土が断熱材の役目を果たします。しかし、床下や小屋裏は断熱材を充填できるスペースは充分にあります。

 今、改築させて頂いている広陵のお宅は幾度かの増築をされておられ、直近の増築部の壁以外は断熱材が入っていませんでした。

既存小屋裏にも断熱材を敷き込み、やり替えた床部分には床下断熱材を敷き、内壁を撤去した外壁部分に補充し、温熱環境の向上を図っています。

寒い夜も、暖かく団欒していただけるよう尽力しております。

床下断熱材.jpgIMG_20161104_100255.jpg

IMG_20161104_095955.jpg

外壁の焼板

2016.11.02

輪和建設の水本です。

桜井市でリフォーム工事をさせて頂いてます。
杉の焼板を外部に施工する機会が
続いています。
施工するには、手間暇はかかりますが
出来上がった感じが、古民家には、
合っているので、出来上がりを
楽しみにしています。

P1240618.JPG

外構工事

2016.11.01

明後日は、授業参観に行く予定の中西です。

昨日から斑鳩町にて外構工事をしています。

ブロック積みの塀は地震のとき、崩れていたりしますが、

実際は、施工不良や基準を守れていないものが多いと聞きます。

手軽に施工できそうですが、適切な鉄筋と内部のモルタルの施工には基準があります。

また、高さには規制があり、控え壁を設けないといけない場合があります。

厚みも10cm、12cm、15cm等あり、今回は15cmのものを使用しています。

どの工事でもきちんとした施工方法の理解が必要です。

IMG_20161101_165223.jpg

急に寒くなりました(><)

2016.10.31

輪和建設㈱の芦内です。

昨日の夜からぐっと冷え込んだ感じがします。

新月の影響でしょうか。

弊社モデルルームの前栽のコナラの木も色づき、かわいいどんぐりをいくつも落としていました。

季節の巡りは早いものですね。

四季のある日本に生まれ育ってきた事に感謝です。

IMG_20161031_080940.jpgIMG_20161031_174310.jpg

電気の配線工事

2016.10.29

輪和建設の水本です。

桜井市でリフォーム工事をさせて頂いてます。
既存の和室の天井に、照明のための新規配線を
やり替えています。
なにげなく見ると当たり前に見えますが、
和室の天井を、傷つけることなく
配線を持って行くのは、電気の職人さんの
腕にかかっています。
今回も、無理をいって施工してもらって
これで、古い配線がなくなり、一安心です。

P1240653.JPGP1240654.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ