ただいま建築中

雪の中の調査

2014.02.17

輪和建設の林です。

さつき台の外構工事の調査に行ってきました。

奈良県では珍しく雪が降り積もって庭はすっかり雪化粧されました。

情緒があっていいのですが調査になると

地盤は雪で覆い隠されて判り難い状況に・・・

調査後、お施主様から雪の積もっていない

写真をメールで送って頂きました。 ありがとうございます。

おかげさまで地面の飛び石などの状況が判明して大変助かりました。

東北地方で屋根が架かっていない現場は

冬は工事が出来ないとは聞いていましたが

雪に慣れていない地方では少し雪が積もっただけでも

大変なことになりますね。

P2150225.JPG

20130429_151616.jpg

リフォーム相談会

2014.02.16

輪和建設 鈴木です。

今日はお施主様のご好意で西大寺のリフォーム完成現場で

リフォーム相談会を開催させて頂きました。

たくさんの方に来て頂き、当社の家造りや、リノベーションのあり方

を知っていただき大変感謝しています。

また3月には新築の完成見学会もあります。

また是非お越し下さい。

IMG02351.jpg

最高の仕事はチームワークが大切

2014.02.15

輪和建設 澤田です。

あやめ池の現場では、設備機器の取付をして頂きました。
流石は手慣れた水道屋さん山ほどある箱から材料を各場所にまくばり手際良く取付を行っていきます。
箱の中には部品が一つ一つ養生されており部品を取り出すだけでも大変です。
施工説明書を見ないのかと思いきや、しっかりと確認をしていました。
手慣れた中にも確認作業を怠りません。
当たり前の事ですがとても大切な事です。

九条町の現場では、計画上での耐力壁の配置と解体後の現状を見たうえで再検討する所がでて来ました。
その為、昨日設計の林と現場で打合せ、その日の内に配置すべき筋交いや金物が図面化されましまた。
それをもとに大工さんが、図面をみながら筋交いや金物を取付ています。
工事現場はチームワークが重要です。

kanamono.jpg

足場のなくなるとき。

2014.02.14

雪のため少し遅刻してしまった中西です。

昨日は「冠山町の家Ⅱ」で足場が解体されました。いつもどきどきの瞬間です。

御施主様にはいろんな家を見ていただきながら、ずいぶん悩んでいただきました。

おかげさまで満足いくものにできたと思います。

内装工事はこれから完成前の仕上げ工事。着々と進めていきます。

3月2日(日)には予約制の見学会を予定しています。後日詳細はホームページにて掲載させていただきます。

もうしばらくお待ちください。

IMG_7182.JPG

関東間と関西間では広さが違います

2014.02.13

輪和建設の林です。

都祁村にリフォームの調査に行ってきました。

とても大きな古民家で納戸をリビングに変更する

工事内容なんですが納戸を変更って狭く思われたと思いますが

なんと納戸が12帖もあります。しかも関西間です。

関東間のモジュールが910

関西間のモジュールが985

ですので関西間は関東間に比べて約1.2倍ほど広いのです。

そんな大きな納戸の棚には食器類などがいっぱいです。

本家なので冠婚葬祭で親族が集まった際に

人数分の食器を用意しなくではならないので本家は大変です。

P1100465.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ