ただいま建築中

京都の家

2013.09.30

こんにちは輪和建設の林です。

京都の家はおおよその間取りが決まり

高さ関係のデーターを入力して建築基準法を

クリアーしてるか 検討していきます。

この時点で3DCADなので ぐるぐる回して

立体で建物の形状もチェックしていきます。

大屋根がある立派な住まいの外観です。

内部も大屋根部分と階段周りが吹抜けになっているので

広々とした空間があります。

後は構造計算をして耐力壁、梁、柱、根太、垂木、金物の

大きさを検討し部材の大きさも入力していきます。

これで骨組みも立体で確認するのことができますが

今は構造計算の途中なので次回にでも骨組みのパースをUPします。

 パース.jpg

青山のいえ

2013.09.28

こんにちは、輪和建設 小橋です。

青山の家では仕上げ工事が進んでいます。

天井には綿クロスが貼られ、壁にはホタテの貝殻でつくられた漆喰を塗っています。

来週には設備器具も取付があり大詰めです。

出来上がりをお楽しみに。

お引き渡し直前。外構造工事

2013.09.27

輪和建設 鈴木です。

週末にお引き渡しの大和郡山冠山町の現場です。

カーポートも建ち、外構工事も終わりを迎えます。

台風はありましたが、基本晴れの天気が多く順調に進みました。

間口の大きい土地ですので、2台は楽々車が入ります。

使いやすそうで羨ましいです。IMG01804.jpg

金属屋根

2013.09.26

輪和建設 澤田です。

矢田山町の現場では、屋根の下地が完了しました。

以前は瓦屋根の為にケンジメが貼られていました。

土が沢山載せられていて非常に屋根の重量もありました。

金属屋根に変える為に下地をやり直す事になったのですが

入母屋の家は断熱金属屋根材料で施工するには大変な手間が掛かります。

瓦では土で調整していた事を下地をもろに受ける金属屋根ではキッチリと下地を作らないと施工出来ないからです。

特に断熱材のある金属屋根の材料は折り曲げが難しいので職人の腕が試されます。

 

屋根工事.jpg

 

工事準備。

2013.09.25

最近、子供のDSを少し借りることがある中西です。

冠山町の家では、着工に向けてひとつひとつ準備を進めています。

現場にはゲートやトイレの設置が終わりました。

また、土地の上空をNTTの配線が通っていて、支障がありそうなので、協議し、移動していただけるようお願いしました。

進入路が狭いため近隣の方からご意見をいただき安全に配慮しながら工事を進めていきます。

事前にどれだけ準備できるかが工事を安全に進めていくために大切なことなので、ひとつひとつ進めていきます。

IMG_6111.JPGIMG_6111.JPG

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ