「伝統技法」で造る

匠たちの技術が生きる家

代表取締役 中西直己日本の伝統的な木造建築は、長い歴史の中で、様々に洗練され、改良されてきました。
その技術・技法には、日本の気候風土にかなった知恵がたくさん詰まっています。
大工職人たちの知恵と技術が結集した、本物の「住み心地」。
私たちは、現在まで受け継がれている木造住宅の技を大切に、丁寧に家づくりをしております。

手刻み加工


手刻み加工イメージ現在、輪和建設では、すべての木造住宅において、経験豊富な大工職人たちが、長年培った技術を活かして「手刻み」を行っております。

大工が木に墨をつけて寸法取りをし、木材の継手や仕口(接合部)を手作業で加工する技法を「手刻み」と呼びます。日本で生み出された伝統的な建築技術です。

熟練の職人の手によって、複雑な形状に切り欠かれた部材は、まるでパズルのピースのよう。これが接合部でがっちりと組み合わさり、頑丈かつ粘り強い構造部を作るのです。


手刻み加工を行うには、木材を精巧に切り欠く技術はもちろん、木の「クセ」を見切る目力も必要です。事実、今日の建築現場では、継手や仕口の加工を機械で行う「プレカット」が主流。手刻みが出来る職人の数は次第に少なくなっています。

古い日本家屋の中には、ボルトや金物のなかった時代から数百年を経て、なお健在なものもあります。それは木材の寿命もさることながら、この手刻み加工の技術が、いかに優れているかの証です。

塗り壁

漆喰を塗る左官職人漆喰を壁に塗って仕上げる「漆喰仕上げ」は、長い歴史の中で培われ、洗練されてきた左官技術です。「撫で」「押さえ」「磨き」などのコテさばきによって、独自の質感を持った幅広い仕上げ形状を作り上げることができます。

輪和建設では、漆喰仕上げを標準仕様としております。熟練の左官職人が手仕事で、皆様の大切な住まいに、丁寧に塗り壁を行います。既製品の壁材やクロスよりも高度な施工技術が必要で、手間もかかりますが、手作業にしかない趣や「味」が、そこに醸し出されるのです。

建具・家具作り

輪和建設では、施主様のご希望に応じて、ドアや建具、家具などの幅広い造作物を、建具職人がオリジナルで製作いたします。扉一枚、手すり一本にいたるまで、ご要望に合わせてデザインし、手作業で作ります。

手作り家具イメージ

元来、和室を中心とした日本住宅の屋内造作はすべて手作りで、木製建具は、生活に欠かせない存在でした。一方で近年は、ライフスタイルの変化に伴い、工業製品化されたサッシや洋風家具が広く普及し、手作りの家具や建具は減少傾向にあります。

造作の家具は、一つとして同じものは出来ません。円熟の技術で作られた家具は、既製品にはない味わいがあります。また、利用される方に合った寸法でオーダーできることや、家屋全体との調和ができる、家屋に固定された造作家具は地震時にも安全である、などのメリットがあります。

職人の気概

私たちが現在のように、伝統技法による建築にこだわっているのには、ある理由があります。

かつて弊社は、大手ハウスメーカーの下請けを主に行っていました。工場加工した木材や新建材を使って、同じ規格の住宅を安定供給するのがハウスメーカーの家づくり。しかし現場の大工職人たちにとっては、その仕事は、決して納得できるものではありませんでした。

輪和建設の職人

技術と誇りに生きる職人たちと、本当に建てたい家を建てよう。そう考えた私たちは、「日本の伝統的な家づくり」に方向転換するべく大手ハウスメーカーの下請けを脱却し、今日に至っています。

自分たちの思いが表現された家づくりに、存分に腕をふるう職人たち。皆、生き生きと仕事をします。定期的に、職人たちが集まって情報共有やフィードバックを行い、さらなる高みを目指しています。
そんな職人たちが丁寧に作った家は、彼らの気概の表れ。必ずや、施主様にご満足頂けると確信しております。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ